(読み)キビ

デジタル大辞泉「黍」の解説

きび【×黍/×稷】

《「きみ」の音変化》
イネ科の一年草。高さ約1メートル。葉は幅広の剣状。夏から秋にかけ、茎の頂に多数の花穂をつけ、実ると垂れる。実は2ミリほどの扁球形で、白または黄色。インドの原産で、古くから穀物として栽培。ウルキビモチキビなど多くの品種がある。 秋》「―刈て檐(のき)の朝日の土間に入る/子規
トウモロコシ別名

しょ【黍】[漢字項目]

[音]ショ(呉)(漢) [訓]きび
〈ショ〉穀物の名。キビ。モチキビ。「黍稷(しょしょく)
〈きび〉「砂糖黍(さとうきび)

きみ【×黍/×稷】

きび(黍)」に同じ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版「黍」の解説

黍 (モチキビ)

植物。黍の品種

黍 (キビ)

学名:Panicum miliaceum
植物。イネ科一年草

黍 (キビ・キミ)

植物。イネ科の一年草。モロコシの別称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android