コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黍/稷 キビ

デジタル大辞泉の解説

きび【×黍/×稷】

《「きみ」の音変化》
イネ科の一年草。高さ約1メートル。葉は幅広の剣状。夏から秋にかけ、茎の頂に多数の花穂をつけ、実ると垂れる。実は2ミリほどの扁球形で、白または黄色。インドの原産で、古くから穀物として栽培。ウルキビモチキビなど多くの品種がある。 秋》「―刈て檐(のき)の朝日の土間に入る/子規
トウモロコシ別名

きみ【×黍/×稷】

きび(黍)」に同じ。

しょ【黍】[漢字項目]

[音]ショ(呉)(漢) [訓]きび
〈ショ〉穀物の名。キビ。モチキビ。「黍稷(しょしょく)
〈きび〉「砂糖黍(さとうきび)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

黍 (キビ)

学名:Panicum miliaceum
植物。イネ科一年草

黍 (キビ・キミ)

植物。イネ科の一年草。モロコシの別称

黍 (モチキビ)

植物。黍の品種

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

黍/稷の関連キーワード渇に臨みて井を穿つ糯黍・餅黍・餠黍吉備団子久呂歧比五つの穀黍稈細工桃太郎菊花酒砂糖黍五穀米インド毛知黍離五穀八穀団子五種六穀禾穀雑穀

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android