コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

穴熊 アナグマ

デジタル大辞泉の解説

あな‐ぐま【穴熊】

イタチ科の哺乳類。体長50~90センチ。タヌキに似るが、爪が長く、クマのようにかかとを地面につけて歩く。夜行性雑食ヨーロッパとアジアの温帯地方に分布。日本では本州・四国・九州の山林に深い穴を掘ってすむ。ささぐま。まみ。むじな。あなほり。 冬》
将棋で、端の香車(きょうしゃ)一間(けん)上げ、そのあとへ王将を入れて金将銀将で囲む形。岩屋囲い。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

あなぐま【穴熊】

イタチ科の哺乳類。胴は淡黄褐色、四肢は黒色。顔に白と黒のはっきりした帯がある。タヌキとよく混同されるが、手の爪が強大で、毛は荒く硬い。森林に深い穴を掘ってすむ。毛は毛筆・刷毛はけの材料となる。ヨーロッパ・アジア・日本に分布。「むじな」と呼ぶ地方もある。ササグマ。マミ。アナホリ。
将棋の戦法の一。王将を自陣の隅に囲うもの。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の穴熊の言及

【将棋】より

… 舟囲い王を左側に寄せ,舟に乗ったような形。 穴熊左右どちらかの香を1段進め,そのあとへ王を入れ金銀で囲うもの(図15)。 居玉王を原位置のままで戦うこと。…

※「穴熊」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

穴熊の関連キーワードリリアン ホーバン藤井システム将棋の戦法レオーノフササグマラーテル広瀬章人哺乳類マミ香車体長戦法はけ森林自陣四肢将棋黒色毛筆

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

穴熊の関連情報