コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鼬/鼬鼠 イタチ

デジタル大辞泉の解説

いたち【×鼬/鼬鼠】

食肉目イタチ科の哺乳類。体長は雄が約30~45センチ、雌が約20センチ。体毛は赤茶色で、体は細長く、脚が短く、尾は太く長い。主に夜行性で、ネズミ・鶏などを捕食。敵に追いつめられると悪臭を放って逃げる。日本・朝鮮半島・中国・シベリアに分布。毛皮は良質。 冬》
[補説]作品名別項。→

いたち【鼬】[戯曲]

真船豊戯曲。昭和9年(1934)、雑誌「劇文学」に発表。同年9月、久保田万太郎の演出により、劇団築地座から分裂した劇団創作座が初演。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

いたち【鼬】

真船豊の戯曲。1934年(昭和9)6月《劇文学》創刊号に発表。同年9月創作座により飛行館で初演。東北の一農村の没落した旧家だるま屋が舞台。当主万三郎が南洋出稼ぎに行った留守中,老母おかじは殺人罪の亭主持ちの娘おしまと日夜いがみあう。抵当に入った家屋敷の処分が始まろうとするところへ,不品行から家出をし,織物工場主となったおかじの妹おとりが帰郷して,借金を立て替える。帰国した万三郎は,だるま屋を手に入れようとする叔母の魂胆に気づかず南洋へ去るが,真相を知ったおかじはおとりをののしって憤死する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


いたち

真船豊(まふねゆたか)の戯曲。3幕。1934年(昭和9)6月『劇文学』に発表、同年9月久保田万太郎演出により創作座が初演。東北地方の旧街道沿いの一寒村が舞台。跡取りの万三郎が南洋に出稼ぎに行って3年目、没落寸前の旧家だるま屋を守る老母おかじのところへ、家出して小金をため込んだ妹おとりが現れ、やがて帰国した万三郎をだましてだるま屋を乗っ取る。瀕死(ひんし)のおかじはおとりに向かい、「……くそっ、し、死んでも、うう、うぬが世話になっかア……」と絶叫する。肉親同士の織り成す人間の欲望の根源的な姿を、会津方言を基盤にした力動感あふれる独自の台詞(せりふ)運びに定着した作者の出世作である。アイルランド文学の影響が濃い。[大島 勉]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

鼬 (イタチ)

学名:Mustela sibirica
動物。イタチ科の哺乳動物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

鼬/鼬鼠の関連キーワード鼬の無き間の貂誇り掻い詰め・搔い詰め鼠ごっこ鼬ごっこ宍喰屋次郎右衛門鼬無き間の貂誇り付合(文学)コープの規則穴沢 喜美男北林 谷栄鎌鼬美術館鼬の道切り青木 健作イタチガヤ風鬼/鎌鼬安倍泰親鼬・鼬鼠細江英公土方 巽鼬ごっこぎぎめく

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android