コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

貂/黄鼬 テン

デジタル大辞泉の解説

てん【×貂/黄鼬】

食肉目イタチ科テン属の哺乳類。イタチに似て、体長45~50センチ、尾長17~23センチ。夏毛は全体に褐色。冬毛は変異がみられ、キテンとスステンの2型がある。夜行性で、小動物などを捕食。毛皮がよいので知られる。本州・四国・九州、朝鮮半島に分布。テン属にはクロテンなど8種が含まれ、ヨーロッパ・アジア・北アメリカに分布。 冬》「哀しびや熔岩(らば)寒林に―を撃ち/裕計」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

貂 (テン)

学名:Martes melampus
動物。イタチ科の哺乳動物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

貂/黄鼬の関連キーワードツレがうつになりまして。シュエシャン(雪山)山脈サンティヤオ(三貂)岬香ばしい・芳ばしい金(中国の王朝)イブラヒム1世ツシマテン吉林(省)ウデヘ族星野貴紀長白山地セーブルマツテン原 民喜鼬・鼬鼠川崎展宏小原雅一上田秋成狗尾続貂ふるき

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android