コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

立科町 たてしな

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

立科〔町〕
たてしな

長野県中部,蓼科山の北斜面から佐久盆地西部を占める町。 1955年芦田,横鳥,三都和の3村が合体,58年町制。中心集落の芦田は近世中山道宿場町で,現在は周辺農村の商業の中心。農村部では米作を中心にリンゴを栽培する。蓼科山北西側の白樺高原には女神湖,蓼科御泉水自然園があり,高原観光地としてにぎわう。町域の一部は八ヶ岳中信高原国定公園に属する。国道 142号線が通る。面積 66.87km2。人口 7265(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

立科町の関連キーワード長野県北佐久郡立科町芦田八ケ野長野県北佐久郡立科町池の平立科白樺高原ユースホステル長野県北佐久郡立科町茂田井長野県北佐久郡立科町藤沢長野県北佐久郡立科町山部長野県北佐久郡立科町芦田長野県北佐久郡立科町塩沢しらかば2in1スキー場長野県北佐久郡立科町桐原長野県北佐久郡立科町宇山長野県北佐久郡立科町牛鹿白樺高原国際スキー場長野県北佐久郡立科町の要覧六川長三郎立科(町)諏訪富士土屋隆夫蓼科高原

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

立科町の関連情報