コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竜右衛門 たつえもん

4件 の用語解説(竜右衛門の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

竜右衛門 たつえもん

?-? 南北朝-室町時代の能面師。
十作(じっさく)(初期の能面師のうち,もっともすぐれているとつたえられる10人)のひとりとされる伝説的人物。わかい男女面や尉(じょう)面を得意としたという。越前(えちぜん)(福井県)出身。姓は石川。名は重政。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

竜右衛門【たつえもん】

室町時代の能面作者。石川竜右衛門重政。十作(じっさく)の一人。越前大野,あるいは京都四条の人とも伝える。女面の名手で,現存する女面の中には彼の作品と伝えるものが多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たつえもん【竜右衛門】

初期能面作家。生没年不詳。世阿弥の《申楽談儀》などから,福井県東部で南北朝から室町初期ころ活躍した作家のように考えられている。後世の能楽伝書類では十作の一人に数え,若い男女や尉の面を得意としたと伝える。世阿弥のころの観世座にはその尉面があったといい,小面や曲見(しやくみ),慈童や喝食の類に,彼の作に擬せられるものが多いが,真作を同定することは困難である。【田辺 三郎助】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone