コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竜頭滝 りゅうずのたき

3件 の用語解説(竜頭滝の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

竜頭滝
りゅうずのたき

栃木県北西部,湯川が戦場ヶ原南部につくった滝。戦場ヶ原を流れてきた湯川が,男体山の溶岩の急斜面を高さ数十mにわたり,急流となって落ちる。付近はツツジや紅葉が美しい。滝の上下を国道 120号線が縦断する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔栃木県〕竜頭滝(りゅうずのたき)


栃木県日光(にっこう)市北西部、中禅寺(ちゅうぜんじ)湖北岸にある滝。湯ノ(ゆの)湖から戦場ヶ原(せんじょうがはら)を流れた湯川が、中禅寺湖に入る手前で男体(なんたい)山の溶岩流を越える箇所(かしょ)にある。約200mの間に標高差60mを流れ落ちる。紅葉の名所として名高い。湯川に沿って戦場ヶ原自然研究路が整備される。北西5kmの湯ノ湖流出部には湯滝がある。

出典|講談社
日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

竜頭滝
りゅうずがたき

島根県中部、雲南(うんなん)市掛合町松笠(かけやちょうまつかさ)にある滝。竜頭が滝、竜頭ヶ滝とも表記。三刀屋(みとや)川の上流、滝谷(たきだに)川にあり、落差は40メートル。滝の周囲は老杉が多い。滝の裏側には観音を祀(まつ)る岩屋があり、この眺めを裏見の滝という。源平合戦の宇治川先陣争いで活躍した佐々木高綱の名馬池月(いけづき)はこの滝に当たって成長したという伝説がある。竜頭八重滝(やえだき)県立自然公園に属する。[野本晃史]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone