コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

抗日民族統一戦線 こうにちみんぞくとういつせんせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

抗日民族統一戦線
こうにちみんぞくとういつせんせん

1935年コミンテルン人民戦線路線の中国における実践として提唱された方針で,労働者農民,中産階級,民族資本家などが一致団結して日本帝国主義の侵略に対抗するというもの。この方針はまず 35年中国共産党八・一宣言によって提起されたが,党と南京政府間の内戦停止が前提という困難な課題であった。しかし日本の華北への侵略強化,都市中産階級を中心とする全国各界救国連合会 (全救連,1936.6.成立) の活動,日本対イギリス,アメリカ間の矛盾の激化などの情勢のなかで,36年 12月の西安事件を転機に翌 37年第2次国共合作が成立し抗日民族統一戦線が実現した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こうにちみんぞくとういつせんせん【抗日民族統一戦線 Kàng rì mín zú tŏng yī zhàn xiàn】

抗日戦争遂行のため,中国共産党が執行した政治路線および戦術をいう。労働者,農民を主体とし,すべての抗日勢力を結集しようとするものであったが,中国国民党との和解・連合を具体的形態としたため第2次国共合作とも呼ばれる。〈満州事変〉(九・一八事変)以来,中共倒蔣抗日の民族武装自衛運動を提唱したが,民族ブルジョアなど中間勢力を敵視する“下からの”統一戦線論のセクト性のため,運動を発展させられなかった。 1935年,日本の華北侵略が露骨化し,中国国民の危機意識が高まるなかで,中共は八・一宣言を発し国共内戦の停止と一致抗日を呼びかけて広範な支持を得た。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

抗日民族統一戦線の関連キーワード十二・九運動・十二九運動八・一宣言・八一宣言中華ソビエト共和国共産党と国民党南京国民政府一二・九運動朝鮮独立同盟中国民主同盟太平洋戦争新三民主義祖国光復会二五減租日中戦争抗日運動遵義会議中国革命抗日戦争国防文学減租減息交租交息

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

抗日民族統一戦線の関連情報