コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竹琴 チクキン

デジタル大辞泉の解説

ちく‐きん【竹琴】

ちっきん(竹琴)

ちっ‐きん〔チク‐〕【竹琴】

弦楽器の一。竹筒を縦に割って八雲琴の大きさに切り、上面に桐板をはめて、その上に3弦を張ったもの。明治19年(1886)田村与三郎(琴翁)が創始

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ちっきん【竹琴】

弦楽器の名称。〈ちくきん〉〈たけごと〉ともいう。竹製の胴をもつチター型弦鳴楽器の総称として用いることもある。東南アジアからマダガスカル島一帯にまで広く分布し,それぞれ名称・構造は異なる。日本では,《日本書紀》巻十七継体紀の春日皇女(かすがのひめみこ)の歌に,竹で琴を作ったことが記されるが,これに該当する遺物もなく,他の日本の固有の琴類との関係も不明。江戸時代末期に,葛原勾当(くずはらこうとう)が考案した二弦琴を当初〈竹琴〉と名づけた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ちくきん【竹琴】

ちっきん【竹琴】

弦楽器の一。竹を縦に二つに割り、上面に桐板を張って胴とし、その上に三弦を張ったもの。八雲琴に似る。1886年(明治19)田村与三郎の発明。現在は廃絶。
竹を並べた木琴状の楽器。歌舞伎囃子ばやしに用いる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の竹琴の言及

【竹琴】より

…日本では,《日本書紀》巻十七継体紀の春日皇女(かすがのひめみこ)の歌に,竹で琴を作ったことが記されるが,これに該当する遺物もなく,他の日本の固有の琴類との関係も不明。江戸時代末期に,葛原勾当(くずはらこうとう)が考案した二弦琴を当初〈竹琴〉と名づけた。一般には,1886年,田村竹琴(本名与三郎)が考案した3弦の琴をいう。…

【竹琴】より

…日本では,《日本書紀》巻十七継体紀の春日皇女(かすがのひめみこ)の歌に,竹で琴を作ったことが記されるが,これに該当する遺物もなく,他の日本の固有の琴類との関係も不明。江戸時代末期に,葛原勾当(くずはらこうとう)が考案した二弦琴を当初〈竹琴〉と名づけた。一般には,1886年,田村竹琴(本名与三郎)が考案した3弦の琴をいう。…

【アンクルン】より

…また,バリ島東部では,アンクルンに金属製打楽器の加わったガムラン・アンクルンが,村や寺院の儀式に不可欠の音楽を担っている。なお,ジャワ島東部およびバリの一部では,しばしば竹琴をこの名称で呼ぶことがある。【田村 史子】。…

【二弦琴】より

…ただし,2弦はすべて同律に調弦されるので,複弦の一弦琴とみなすこともできる。八雲琴(やくもごと),竹琴(ちつきん),東流(あずまりゆう)二弦琴があり,大正琴(たいしようごと)もそれらの改良楽器である。二弦琴に1弦を加えて3弦としたものに,大和琴(やまとごと)または初瀬琴と称するものや,田村竹琴創案の竹琴などがあったが,伝承は絶えている。…

※「竹琴」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

竹琴の関連キーワードインドネシア音楽ザット・ポエー東南アジア音楽アンクルンガンバン中山琴主弦楽器二絃琴発明廃絶三弦

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android