竿秤・棹秤(読み)さおばかり

大辞林 第三版の解説

さおばかり【竿秤・棹秤】

秤の一。竿の一端に品物を、他端に分銅をつるして、中間にある支点となる取っ手を持ち、竿が水平になるように分銅を移動させ、釣り合った位置の目盛りを読み、重さを量る。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android