コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竿秤・棹秤 さおばかり

大辞林 第三版の解説

さおばかり【竿秤・棹秤】

秤の一。竿の一端に品物を、他端に分銅をつるして、中間にある支点となる取っ手を持ち、竿が水平になるように分銅を移動させ、釣り合った位置の目盛りを読み、重さを量る。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

竿秤・棹秤の関連キーワード取っ手支点他端分銅