第二インターナショナル(読み)だいにインターナショナル

百科事典マイペディア「第二インターナショナル」の解説

第二インターナショナル【だいにインターナショナル】

1889年パリで開かれた社会主義者・労働者の国際大会で創立。マルクス主義を支配的潮流とするドイツ社会民主党が中心で,欧米・アジア諸国社会主義政党の連合機関だった。第1次世界大戦開始に伴い,戦争支持派,平和派,革命派などに分裂して実質的に崩壊。戦後再建されたが,左派を排除し改良主義的傾向を強めてコミンテルン対立,影響力を失った。1923年第二半インターナショナルと合同して社会主義労働者インターナショナルを組織したが,第2次世界大戦中に消滅。→ツィンマーワルト運動
→関連項目インターナショナル(政治)片山潜国際婦人デーCOMISCO酒井雄三郎社会民主主義第1次世界大戦メーデー

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典「第二インターナショナル」の解説

だいに‐インターナショナル【第二インターナショナル】

(インターナショナルはinternational) 一八八九年七月一四日、パリで開かれた国際社会主義者大会において決定・創設された各国社会主義政党や労働組合の国際的な連合組織。改良主義右派・中央派・革命的左派の対立が激化し、第一次大戦勃発後に崩壊。一九二〇年、第三インターナショナルのプロレタリア独裁に対抗して復活したが、第二次大戦によって消滅。五一年結成の社会主義インターナショナルに受け継がれた。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「第二インターナショナル」の解説

だいに‐インターナショナル【第二インターナショナル】

1889年パリで結成された、各国社会主義政党の連合組織。第一次大戦で、各国の党がインターナショナリズムを放棄して戦争に協力したため解体。1920年、第三インターナショナル(コミンテルン)の成立後、そのプロレタリア独裁に対抗して再建されたが、第二次大戦によって消滅。1951年結成の社会主義インターナショナルに受け継がれた。国際社会主義者会議。→社会主義インターナショナル

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の第二インターナショナルの言及

【インターナショナル】より

… 除名された〈反権威主義派〉は,73年ジュネーブで,ベルギー,オランダなどからの代表を加えて第1回大会を開き活動を続けたが,それも77年の第4回大会(ベルビエ)が最後になった。
[第二インターナショナル]
 1880年代になると,すでに息を吹きかえし労働組合組織の時代を迎えたフランスの労働者と,〈新組合運動〉が展開しつつあったイギリスの労働者が中心となって,具体的な労働条件の改善,とくに8時間労働日の実現をめざす国際会議が開かれるに至った。その3回目が89年7月,パリで開催されたが,主としてフランス社会主義運動内部の対立から,それまで主導権を取ってきていた〈ポッシビリスト(可能派)〉(分権的な組織論に立ち,ブルジョア政党との連携も辞さず可能な改良をめざす)の大会と,エンゲルスが支援した〈マルクス主義者〉の大会が,同時並行して開かれることになった。…

【社会主義】より

… ベルンシュタインの修正主義と,カウツキーに代表される党主流との闘争は,1903年の党大会決議によって形式的には修正主義の敗北に終わったが,現実に修正主義は党の体質に浸透しており,第1次大戦が勃発すると党指導者は政府を支持し,党の革命的言辞が空文句であったことをおのずから露呈した。
[第二インターナショナル]
 第一インターナショナルが1876年に解体されたことは,国際的な社会主義が一つの中心部から指導することはもはや不可能になったことを示していた。それ以後の社会主義の歴史は,各国における社会主義政党の発展の歴史であった。…

【反戦・平和運動】より

…そこから,この段階になって初めて大衆的な反戦・平和運動が発生するにいたったわけである。 この時代の最も代表的な反戦・平和運動は,1889年にパリで創立された労働者階級を基盤とする国際的大衆組織,第二インターナショナルによる活動であった。1904年にアムステルダムで開かれた第6回大会では,日露戦争の問題が取り上げられ,席上,ともに副議長に選ばれたロシア社会民主党代表のプレハーノフと日本代表の片山潜が壇上で握手,交戦国の勤労者代表同士による非戦の誓いとして注目された。…

【労働運動】より

…同協会は各国のストライキ支援など国際的連帯活動に寄与したが,パリ・コミューンの崩壊後,内部対立から活動を停止し,76年には解散した。ついで第二インターナショナルが89年に結成された。これはヨーロッパの主要各国の労働者政党が加盟する緩やかな連合体であった。…

※「第二インターナショナル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

法人税

法人税法 (昭和 40年法律 34号) に基づき法人の所得などについて課せられる国税。国税中所得税と並び収納額が多い。法人所得税と意味は同じである。納税義務者は,日本国内に本店または主たる事務所をもつ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android