コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

第五福竜丸 ダイゴフクリュウマル

デジタル大辞泉の解説

だいごふくりゅう‐まる【第五福竜丸】

昭和29年(1954)3月、南太平洋ビキニ環礁で米国が行った水爆実験の「死の灰」を浴びて犠牲者を出した、静岡県焼津の木造遠洋マグロ漁船。この事件は昭和30年(1955)の広島での第1回原水爆禁止世界大会開催の発端となった。現在は東京都の夢の島公園に記念保存。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

第五福竜丸

静岡県焼津市のマグロ漁船。1954年3月1日、マーシャル諸島ビキニ環礁沖での米国による水爆実験で「死の灰」を浴びた。乗組員23人が被曝(ひばく)し、無線長の久保山愛吉さんが半年後に死亡した。東京水産大の練習船「はやぶさ丸」として使われた後、67年にゴミ処理場だった夢の島に放置された。76年に都立の展示館が夢の島公園内にでき、武藤さんの投書の文章も展示されている。

(2014-02-25 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

第五福竜丸

1959年公開の日本映画。監督・脚本:新藤兼人、脚本:八木保太郎、撮影:植松永吉、武井大、音楽:林光。出演:宇野重吉乙羽信子小沢栄太郎千田是也、永田靖、三島雅夫松本克平ほか。ビキニ環礁におけるアメリカの水爆実験で被爆した第五福竜丸の乗組員たちの悲劇を描く。第14回毎日映画コンクール音楽賞受賞。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

世界大百科事典内の第五福竜丸の言及

【核実験】より

…また地下爆発では大規模な核実験は行えないともいわれていたが,実験孔を掘る技術の進歩などによって,アメリカはアムチトカ島で69年10月に1.5Mt,71年11月には5Mtの地下核実験を行った。 1954年3月1日,アメリカがビキニ環礁で行った水爆実験では,爆発地点から150kmも離れたところで操業していた日本のマグロ延縄(はえなわ)漁船〈第五福竜丸〉が大量の放射性降下物をあびて,乗組員23人全員がひどい放射線障害を起こし,半年後に無線長の久保山愛吉が死亡するという事件が起こった(ビキニ水爆実験)。さらに続けられた核実験によって,多数の漁船や漁獲物が放射能に汚染されていることが明らかになった。…

※「第五福竜丸」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

第五福竜丸の関連キーワード佐原健二プリンスセダン AISH-2型小島信夫自衛隊いわき(市)自衛隊次郎長三国志山の音アルジェリア戦争道路整備計画

第五福竜丸の関連情報