コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

林光 はやしひかる

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

林光
はやしひかる

[生]1931.10.22. 東京
[没]2012.1.5. 東京
作曲家。東京芸術大学作曲科中退後の 1953年,間宮芳生,外山雄三と「山羊の会」を結成。1961年,新藤兼人監督の映画『裸の島』(1960)の音楽で第2回モスクワ国際映画祭の作曲賞を受賞。以後,新藤監督のほとんどの作品で音楽を担当する。1975年,日本語による歌芝居を全国で巡演するオペラシアターこんにゃく座の音楽監督(のち芸術監督)に就任。『セロ弾きのゴーシュ』(1986,原作宮沢賢治),『森は生きている』(1992,原作サムイル・Y.マルシャーク),『吾輩は猫である』(1998,原作夏目漱石)など多くの創作オペラを残す一方で,全国の学校を訪問し,子供たちの伴奏に興じるなど,社会に根ざした音楽活動も志した。1989年の中国の天安門事件後に第3交響曲『八月の正午に太陽は…』(1990),阪神・淡路大震災後(→兵庫県南部地震)にビオラ協奏曲『悲歌』(1995,尾高賞)を発表。1971年の合唱曲『原爆小景』(詞原民喜,完結版 2001)は 1980年から毎夏,東京混声合唱団と演奏を続けた。1996年紫綬褒章,1999年サントリー音楽賞を授与された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

はやし‐ひかる【林光】

[1931~2012]作曲家。東京の生まれ。尾高尚忠に師事。「オペラシアターこんにゃく座」の芸術監督をつとめ、日本語オペラの発展に寄与した。新藤兼人監督の作品を中心に、映画音楽の世界でも活躍。代表作に、合唱曲「原爆小景」など。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

林光【はやしひかる】

作曲家。東京都出身。慶應義塾高等学校から東京芸術大学音楽部作曲科に進む(中退)。10歳の頃から尾高尚忠に作曲を学び,尾高の死後は池内友次郎に師事。10代ですでに,室内楽管弦楽の作品を発表して天才を謳われる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

林光 はやし-ひかる

1931-2012 昭和後期-平成時代の作曲家。
昭和6年10月22日生まれ。尾高尚忠(ひさただ),池内(いけのうち)友次郎にまなぶ。昭和28年間宮芳生(みちお)らと山羊の会を結成。33年合唱曲「原爆小景」第1部「水ヲ下サイ」で脚光をあびた。のち「セロ弾きのゴーシュ」などのオペラから映画音楽まで多彩な作品を発表。平成24年1月5日死去。80歳。東京出身。東京芸大中退。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

林光の関連キーワード伴林光平(ともばやしみつひら)伴林光平(ばんばやしみつひら)ぼくらの町は川っぷちぼくらの空は四角くて東京都新宿区南元町三重県鈴鹿市神戸愛知県新城市庭野山田 市郎兵衛宇佐美 桂一緒方規矩子未完の対局神谷養勇軒今村 勤三第五福竜丸春木 義彰奥村 淑子北畠 治房佐々木春夫国盗り物語間宮 芳生

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

林光の関連情報