コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

笹川良一 ささかわ りょういち

美術人名辞典の解説

笹川良一

右翼運動家・実業家。大阪生。イタリアのファシスタ党に倣った国粋大衆党を結成し総裁に就任。敗戦後はA級戦犯として巣鴨に収容された。戦犯の釈放運動や〈勝共連合〉の活動リーダーとなる一方、全国モーターボート競走会連合会会長・日本船舶振興会会長を務める。国連平和賞受賞。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

笹川良一 ささかわ-りょういち

1899-1995 昭和時代の右翼運動家。
明治32年5月4日生まれ。昭和6年国粋大衆党を組織して総裁となり,17年翼賛選挙衆議院議員に当選。戦後,A級戦犯として収監されたが,不起訴。釈放後,全国に競艇を普及させ,全国モーターボート競走会連合会会長,日本船舶振興会会長として競艇収益の配分権をにぎり,政界のフィクサーとなった。57年国連平和賞。平成7年7月18日死去。96歳。大阪出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

笹川良一
ささがわりょういち

[生]1899.5.4. 大阪
[没]1995.7.18. 東京
実業家。大阪の造り酒屋に生れる。高等小学校を卒業して上京,各務原 (かかみがはら) 飛行第2連隊に入隊し,上等兵で退役する。故郷の村議を経て 1927年雑誌『国防』を創刊,31年国粋大衆党の総裁となる。 39年には国産機でローマに飛び,ムッソリーニ首相と会見して世間を驚かせた。 42年の翼賛選挙で当選。第2次世界大戦後A級戦犯として3年間収監された。公職追放解除後は競艇事業に乗出し,62年には「日本船舶振興会」 (現日本財団) を設立して会長に就任,年間 600億円という巨額の補助金を背景に政財界に隠然たる発言力を保持し続けた。船舶振興会のテレビコマーシャルにみずから出演して唱えた「一日一善」は 76年の流行語となった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の笹川良一の言及

【右翼】より

…占領期の右翼は,民主主義を仮装していたが,独立後は天皇中心主義,反共反社会主義,再軍備促進,憲法改正などの独自の主張をかかげて公然と活動しはじめた。復活した右翼のなかには,安岡正篤や笹川良一らのように歴代保守政権との癒着を深めた者,ロッキード事件被告の児玉誉士夫のように腐敗行為を摘発された者,赤尾敏らのように執拗な反共街頭宣伝をくりかえす者などさまざまなタイプがみられる。右翼団体は,革新勢力の反政府運動や平和運動が高まるたびに危機感を強め,一方では60年の浅沼稲次郎社会党委員長刺殺事件のようなテロ活動に走り,他方では情勢の変化に応じてソ連(現,ロシア)脅威論にもとづく自主防衛力の強化と日米安保体制堅持,自主憲法制定,建国記念日(紀元節)復活・奉祝,靖国神社国家護持,日教組打倒と教育正常化,北方領土奪還などを呼号している。…

※「笹川良一」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

笹川良一の関連キーワードブルームの日本人墓地佐藤 誠三郎稲村 隆一佐藤誠三郎近藤 信男昭和時代造り酒屋笹川賞各務原ワクル上等兵村議

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

笹川良一の関連情報