コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

斜め ナナメ

デジタル大辞泉の解説

ななめ【斜め】

[名・形動]《「なのめ」の音変化》
垂直・水平面や正面に対し、方向がずれていること。また、そのさま。はす。はすかい。「少し斜めを向く」「帽子を斜めにかぶる」
日や月が中天を過ぎること。「日ざしが斜めになった」
普通とは違っているさま。正常でないさま。「ご機嫌が斜めだ」「世間を斜めに見る」
普通。ひととおり。世間なみ。
「げに―にかたほなるだに、人の親の習ひ、いかが思ふめるに」〈浮・男色大鑑・三〉
ひととおりでないさま。甚だしいさま。
「西行―に喜びて」〈仮・薄雪

なのめ【斜め】

[形動ナリ]
傾斜しているさま。ななめ。〈新撰字鏡
ありふれているさま。平凡。普通。
「わが娘は―ならむ人に見せむは惜しげなるさまを」〈・東屋〉
いいかげんであるさま。なおざり。
「世を―に書き流したることばのにくきこそ」〈・二六二〉
(中世以降「なのめに」の形で)ひととおりでないさま。大いに。なのめならず。
「大将―に喜うで三杯ほし給ひ」〈虎明狂・二千石

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ななめ【斜め】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
〔「なのめ(斜)」の転〕
(水平・垂直などの方向に対し)傾いている・こと(さま)。はす。 「 -の線」 「道を-に横切る」 「板を-に立てかける」 「日が-にさす」
(まっすぐな位置に対し)横にすこしずれている・こと(さま)。 「 -うしろ」 「 -上」 「 -向かいの家」
(人の気持ちなどが)普通とは違っている・こと(さま)。また、わるいこと。 「世間を-に見る」 「 -に構える」 「ご機嫌-」
時刻などが半ばを過ぎて終わりに近いこと。 「申さるの-に湯井の浜に落ちつきぬ/海道記」
(「ななめならず」と同義に用いて)ひととおりでないさま。はなはだしいさま。 「 -によろこうで/幸若・和田宴」
[句項目]

なのめ【斜め】

( 形動ナリ )
〔「ななめ」と同源〕
傾斜しているさま。傾いているさま。ななめ。 〔新撰字鏡〕
目立たないさま。平凡なさま。普通。 「わが為にも人のもどきあるまじく-にてこそよからめ/源氏 浮舟
いいかげんなさま。おろそかにするさま。 「世を-に書き流したることばのにくきこそ/枕草子 262
(「なのめならず」と同義で用いて)格別なさま。 「あるじ-に喜びて/御伽草子・文正」
[句項目]

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

斜めの関連キーワードエルドリッジノット斜文織り・斜文織レジメンタルタイ筋交い・筋違いダイアゴナルクロスノットエシャルプイタリック亀の子縛りアラベスクのめり下駄遣り出し片切り鏨御伽草子斜め切り横目扇隅肘木上り桁筋違ふ貸家札

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

斜めの関連情報