筍・竹子・笋(読み)たけのこ

精選版 日本国語大辞典「筍・竹子・笋」の解説

たけ‐の‐こ【筍・竹子・笋】

[1] 〘名〙
① 竹の根茎の節から生じる若芽。鱗片状の葉鞘(ようしょう)(=いわゆる皮)に包まれており、芽ばえてから一〇日ぐらいまでのものをあく出ししてから食用にする。モウソウチクハチクマダケなどが美味とされる。最盛期は初夏。たかんな。たかな。《季・夏》
古今(905‐914)雑下・九五七「今更になにおひいづらん竹のこのうきふししげきよとはしらずや〈よみ人しらず〉」
② 縫い直しの古着で、以前の縫込みの部分の生地(きじ)だけ色がさめないで、目だって見えるもの。
※良人の自白(1904‐06)〈木下尚江〉前「所詮監獄医なぞの(タケノコ)連の手には合ふもんじゃ無いよ」
帰郷(1948)〈大仏次郎〉花「『どうして、食ってをるのだ』〈略〉『たけのこぢゃ〈略〉』」
[2] (竹の子・笋) 狂言。各流。筍の所有をめぐる畑主とやぶの持ち主の争いを仲裁人がいろいろとりなし、結局、相撲をとって畑主の勝ちになる。「狂言記」では「竹子争」。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

幸福追求権

日本国憲法 13条に保障する「生命,自由及び幸福追求に対する国民の権利」を一体的にとらえて観念された場合の権利。アメリカの独立宣言中の,「〈天賦不可侵の権利〉のなかに生命,自由および幸福の追求が含まれ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android