コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

筏井嘉一 いかだい かいち

2件 の用語解説(筏井嘉一の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

筏井嘉一 いかだい-かいち

1899-1971 大正-昭和時代の歌人。
明治32年12月28日生まれ。筏井竹の門(たけのかど)の長男。大正3年北原白秋の巡礼詩社にはいる。昭和3年柳田新太郎らと新興歌人連盟を結成。15年から「蒼生(そうせい)」(のち「創生」)を主宰した。昭和46年4月21日死去。71歳。富山県出身。歌集に「荒栲(あらたえ)」「籬雨荘雑歌(りうそうぞうか)」。
【格言など】夢さめてさめたる夢は恋はねども春荒寥(こうりょう)とわがいのちあり(「荒栲」)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

筏井嘉一
いかだいかいち
(1899―1971)

歌人。富山県高岡市生まれ。高岡中学卒業。白秋の「巡礼詩社」に入会、『日光』にも加わる。昭和に入って『香蘭(こうらん)』選者や新興歌人連盟を経て、1940年(昭和15)『新風十人』に参加、同年『荒栲(あらたえ)』を刊行。ヒューマンな感情と流麗な浪漫(ろうまん)性が話題をよんだ。雑誌『蒼生(そうせい)』(現『創生』)主宰。第二歌集に『籬雨荘雑歌(りうそうぞうか)』(1965)がある。[菱川善夫]
 夢さめてさめたる夢は恋はねども春荒寥(くわうりやう)とわがいのちあり
『『荒栲』(『現代短歌全集 8』所収・1980・筑摩書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

筏井嘉一の関連キーワード中河幹子伊藤生更上田英夫大坪草二郎岡山巌古賀愛子鈴木康文関登久也谷邦夫野上草男

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone