コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

筑後川の戦 ちくごがわのたたかい

2件 の用語解説(筑後川の戦の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

筑後川の戦【ちくごがわのたたかい】

1359年九州の筑後川をはさんで行われた,菊池武光,懐良(かねよし)親王ら南朝軍と少弐頼尚ら足利軍との戦い。敗退した少弐軍は大宰府引き揚げ,九州は一時南朝の支配下にはいった。
→関連項目筑後国

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ちくごがわのたたかい【筑後川の戦】

南北朝中期の1359年(正平14∥延文4)九州筑後川流域における宮方(征西将軍宮菊池武光)と武家方(少弐頼尚ら)との合戦。とくに8月6日大保原(現,福岡県小郡市)での合戦は激しかった。現存する古文書によれば,この合戦には双方とも肥前・筑前・筑後など北九州の武士が多く参加している。合戦の状況は《太平記》に詳しいが,これによると宮方の主力は肥後勢の菊池一族・名和一族や筑後勢で,武家方としては少弐氏の一族・被官や管国筑前・豊前・肥後などの武士が多くみえ,宮方の兵数8000余騎,少弐方の方は6万余騎となっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の筑後川の戦の言及

【筑後国】より

…55年宮方は筑前に攻め入り,一色氏は長門に逃れた。59年(正平14∥延文4)8月,幕府方の少弐頼尚と宮方の菊池武光の両軍が当国大保原(おおほばる)に戦い,少弐氏は大軍にもかかわらず敗北した(筑後川の戦)。63年(正平18∥貞治2)9月には大友氏時が幕府から当国守護に補任され,守護職はそのまま子の氏継に伝えられた。…

※「筑後川の戦」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

筑後川の戦の関連キーワード慈厳雲仙・普賢岳の溶岩ドーム認定こども園大原合戦平成新山高松空襲草庵集普賢岳オルカーニャムラト[1世]

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

筑後川の戦の関連情報