算賀(読み)さんが

精選版 日本国語大辞典「算賀」の解説

さん‐が【算賀】

〘名〙 高齢の祝賀。賀の祝い。四〇歳からはじめて、以後一〇年ごとに行なうが、後には還暦・古希・喜寿・米寿などの祝いも含める。
※日本紀略‐延喜六年(906)一〇月二三日「法皇御算賀」
[語誌](1)「東大寺要録‐一・本願章第一」には天平一二年(七四〇)一〇月八日の聖武天皇の四〇の賀が「皇御年四十満賀之設講初開講」とみえ、すでに奈良時代から行なわれていたことが知られる。この算賀の儀は饗宴、奏楽、作詩・作歌が主要行事であり、この儀には屏風を調進し、屏風絵・屏風歌を書いて祝の席に立てていた。
(2)祝儀の品としては、四〇の賀なら経四〇巻、白馬四〇頭など、年数(もしくはその倍、一〇倍、一〇〇倍)に数を合わせる習いであった。
(3)一〇の倍数によらない六一(生年の干支が一巡する年としての還暦)・七七(喜ぶの草書からの喜寿)・八八(米の字から米寿)の賀を祝うことは、室町時代頃から行なわれ始めた。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典 第2版「算賀」の解説

さんが【算賀】

とは年寿を祝賀するは年齢。後世では賀の祝いという。40歳から始め,50,60,……と10年ごとに祝う。供宴,奏楽作詩,作歌が主要行事であった。中国伝来の風習で,奈良朝ごろから行われ,聖武天皇の40の賀が初見である。このでは祝儀の品々その他は,40の賀なら白馬40匹,薬師経40巻,唐櫃(からびつ)40合というように年数(またはその2倍,10倍,100倍など)に数を合わせるしきたりだった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の算賀の言及

【年祝】より

…通過儀礼の一つ。数え年61の還暦,70の古稀,77の喜寿,88の米寿,99の白寿などの〈長寿の祝い〉を総称して賀寿,賀の祝い,あるいは算賀というが,庶民の間ではこれを年祝と呼ぶことが多い。つまり以上の〈長寿の祝い〉が年祝の典型である。…

※「算賀」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android