コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

年祝 としいわい

百科事典マイペディアの解説

年祝【としいわい】

一定の年齢になったことを祝う儀礼。賀の祝い,賀寿とも。奈良時代には40歳から始めて10歳ごとに祝いをする風があったが,今日では一般に61歳(還暦),70歳(古希),77歳(喜寿),80歳(傘寿),88歳(米寿),90歳(卒寿),99歳(白寿)などを祝う。
→関連項目還暦喜寿古稀(希)傘寿卒寿白寿米寿

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

としいわい【年祝】

一定年齢に達した者を家族や親類,友人などが祝うこと。通過儀礼の一つ。数え年61の還暦,70の古稀,77の喜寿,88の米寿,99の白寿などの〈長寿の祝い〉を総称して賀寿,賀の祝い,あるいは算賀というが,庶民の間ではこれを年祝と呼ぶことが多い。つまり以上の〈長寿の祝い〉が年祝の典型である。しかし年祝の年齢はこれのみに限らず,しかもいわゆる厄年とも密接かつ微妙な関係にある。それというのも,奄美や沖縄などの南西諸島のように13,25,37,49,61,73,85といった十二支が巡った年齢をもって年祝を行うところがあるのに対し,本土ではこのうちの13,25,37,61の各年齢を厄年としている地方があるからである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の年祝の言及

【還暦】より

…そこで,生まれ直すという意味をこめて赤色の衣料品などを本人へ贈り,還暦の祝いをする慣習がある。還暦,古稀喜寿米寿,白寿などの年祝を総称して算賀,賀寿,あるいは〈賀の祝い〉というが,古稀以下が中世から祝われたのに対し,還暦の祝いは近世以降の慣習である。なお,かつて60歳か61歳で隠居をする例が多かった一因は,還暦観念に基づくものであろう。…

【数】より

…また七草,七所祝い,お七夜,初七日,七五三,七つ祝い,七庚申,七墓詣など民俗儀礼ではたいせつな数とされている。 一般に厄年や年祝は精神的肉体的に人生の節目の年齢であり,新旧の世代の移行がなされるため,とくに厄年は影の暗い側面が強く表出しているが,逆に祭礼で厄年の人が神役につく例も多い。厄年は女子は3,7,9のつく数,男子は2,5のつく数とされるが,女子の場合13歳,19歳,33歳,男子の場合は25歳,42歳というのが代表的なものである。…

【厄】より

…厄年になるとそれを避けるために厄払いや厄よけなどの祈願や呪法を行う。年のはじめに親類や近隣の者を招いて年祝をするとか,神社や寺院に参って厄祓いの祈願をするのがふつうであるが,自分の年の数だけの銭を紙に包み,道の辻や橋などの境に持っていって捨てたのち,あとを振りかえらずに帰ってくる呪法が広く行われている。厄年は実子や友人にも影響をあたえると考えられた。…

※「年祝」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

年祝の関連キーワードアルベール2世ハレ(民俗学)上田 三四二アナーニ事件古稀(古希)モスクワ宣言飯沼 一省勝沼ワインくいちゃあ浅沼 享子大原 富枝山崎 兵蔵木附久美子結婚記念日算賀/年祝シンマクス土屋 龍憲帝国会議記念切手岡部長職

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

年祝の関連情報