米沢織(読み)よねざわおり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

米沢織
よねざわおり

山形県米沢市およびその周辺で産出する絹織物の総称。江戸時代中期,米沢藩上杉治憲 (鷹山) が,越後から織工を招き,製織業を伝えたのに始る。米沢紬が有名で,琉球紬に似ているところから,米沢琉球紬,米琉ともいう。真綿から引いた手紡ぎ糸あるいは玉糸を用いた平織組織の横絣で,銘仙より格が上とされて,男女の着尺や羽織地に愛用された。大部分が,絣紬であるが,模様物や白紬もつくられた。明治以後は,長井地方を中心に生産され,長井がその集散地にあったため,長井紬と呼ばれ,独自の品質をつくり上げた。昭和の初めに,お召の技術や,板締絣の技法が開発されて,白鷹お召という新製品が出された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

よねざわおり【米沢織】

山形県米沢地方から産出する織物の総称。藩主上杉鷹山ようざんが桑・苧麻の植栽を奨励し、小千谷から縮ちぢみの技術を導入したのに始まる。紬つむぎ・縮緬ちりめん・博多・黄八丈などが織られる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

米沢織[染織]
よねざわおり

東北地方、山形県の地域ブランド。
山形県米沢市内産の織物(畳べり地を除く)。9代米沢藩主・上杉鷹山が藩の財政を建て直すため産業振興に力を注ぎ、女性たちに織物を修得させたのがその発祥。越後から縮みの技術が導入されて発展した。2007(平成19)年2月、特許庁地域団体商標に登録された。商標登録番号は第5026436号。地域団体商標の権利者は、米沢織物工業組合。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

米沢織の関連情報