コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

米沢織 よねざわおり

3件 の用語解説(米沢織の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

米沢織
よねざわおり

山形県米沢市およびその周辺で産出する絹織物の総称。江戸時代中期,米沢藩主上杉治憲 (鷹山) が,越後から織工を招き,製織業を伝えたのに始る。米沢紬が有名で,琉球紬に似ているところから,米沢琉球紬,米琉ともいう。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

よねざわ‐おり〔よねざは‐〕【米沢織】

山形県米沢地方から産出する織物の総称。江戸時代、藩主上杉鷹山(うえすぎようざん)の産業奨励により始まった。紬(つむぎ)縮緬(ちりめん)黄八丈袴地(はかまじ)糸織紋織などがある。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

よねざわおり【米沢織】

山形県米沢地方から産出する織物の総称。藩主上杉鷹山ようざんが桑・苧麻の植栽を奨励し、小千谷から縮ちぢみの技術を導入したのに始まる。紬つむぎ・縮緬ちりめん・博多・黄八丈などが織られる。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

米沢織の関連情報