コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

糸織 いとおり

6件 の用語解説(糸織の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

糸織
いとおり

精練,染色した生糸の撚 (よ) り糸で織った織物。平お召ともいう。平織が多いが,綾織などもつくられる。柔らかくて平滑で,女性の着尺地などに用いられる。西陣,米沢,八王子などが主要な産地。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

いと‐おり【糸織(り)】

絹の縒(よ)り糸で織ること。また、その織物。平御召(ひらおめし)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

糸織【いとおり】

経(たて),緯(よこ)とも絹の撚り糸を用いた織物の総称。絹糸織の略。普通は平織であるが,綾(あや)糸織や二重織の風通(ふうつう)糸織などがあり,織糸によって節(ふし)糸織,壁糸織などがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

いとおり【糸織】

絹織物の一種で,絹糸織の略。絹の練染糸(ねりぞめいと)を用いた平織で無地,縞,絣などがある。かつては男女の着尺,羽尺,下着などの衣服や夜具地に使われた。糸織は緯糸に鉄とタンニン剤を使って質の向上をはかる増量をするものが多く,したがってさびた光沢の,節のない織物である。練って織るので当然,糸に撚りがかかっている。経緯糸ともに片撚りのもの,諸撚りのもの,経糸に諸撚り,緯糸に片撚りのものなどで経緯糸ともに同じくらいの太さの糸使いが普通である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

いとおり【糸織】

練り糸で平織りにした絹織物。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

糸織
いとおり

絹糸を使用した練織物の略称。経緯(たてよこ)糸とも片撚(よ)りの練絹糸を使ったもので、平織にしたものを平糸織とも称した。組織、撚り方、原糸の違いにより、綾(あや)糸織、諸(もろ)糸織、壁糸織、節(ふし)糸織などがあり、縞(しま)、絣(かすり)または無地の着尺地(きじゃくじ)として使用される。練絹糸を使用しているので、織面は平滑で光沢に富んでいるのが特徴である。米沢(よねざわ)糸織(米沢織)がよく知られているが、京都では平お召(お召)とよんでいるものが、これに相当する。[角山幸洋]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

糸織の関連キーワードカルゼ精好壁糸織唐糸織絹織絓糸織玉糸織繋ぎ糸織練染節糸織

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

糸織の関連情報