糸織(読み)いとおり

百科事典マイペディアの解説

糸織【いとおり】

経(たて),緯(よこ)とも絹の撚り糸を用いた織物の総称。絹糸織の略。普通は平織であるが,綾(あや)糸織や二重織風通(ふうつう)糸織などがあり,織糸によって節(ふし)糸織,壁糸織などがある。柔らかく,なめらかで,おもに着物,羽織地とされる。主産地は京都市西陣,米沢,桐生,八王子,上田など。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いとおり【糸織】

絹織物の一種で,絹糸織の略。絹の練染糸(ねりぞめいと)を用いた平織で無地,縞,絣などがある。かつては男女の着尺,羽尺,下着などの衣服や夜具地に使われた。糸織は緯糸に鉄とタンニン剤を使って質の向上をはかる増量をするものが多く,したがってさびた光沢の,節のない織物である。練って織るので当然,糸に撚りがかかっている。経緯糸ともに片撚りのもの,諸撚りのもの,経糸に諸撚り,緯糸に片撚りのものなどで経緯糸ともに同じくらいの太さの糸使いが普通である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

糸織
いとおり

絹糸を使用した練織物の略称。経緯(たてよこ)糸とも片撚(よ)りの練絹糸を使ったもので、平織にしたものを平糸織とも称した。組織、撚り方、原糸の違いにより、綾(あや)糸織、諸(もろ)糸織、壁糸織、節(ふし)糸織などがあり、縞(しま)、絣(かすり)または無地の着尺地(きじゃくじ)として使用される。練絹糸を使用しているので、織面は平滑で光沢に富んでいるのが特徴である。米沢(よねざわ)糸織(米沢織)がよく知られているが、京都では平お召(お召)とよんでいるものが、これに相当する。[角山幸洋]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ハイジ男子

アンダーヘアを永久脱毛した男性を指す造語。英語で「衛生」を意味する「ハイジーン」が語源で、アンダーヘアを永久脱毛した女性を指す「ハイジニーナ」にちなんで生まれた言葉とされる。欧米諸国では男性のアンダー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android