コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

糸織 いとおり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

糸織
いとおり

精練,染色した生糸 (よ) り糸で織った織物。平お召ともいう。平織が多いが,綾織などもつくられる。柔らかくて平滑で,女性の着尺地などに用いられる。西陣米沢八王子などが主要な産地

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

いと‐おり【糸織(り)】

絹の縒(よ)り糸で織ること。また、その織物。平御召(ひらおめし)。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

糸織【いとおり】

経(たて),緯(よこ)とも絹の撚り糸を用いた織物の総称。絹糸織の略。普通は平織であるが,綾(あや)糸織や二重織風通(ふうつう)糸織などがあり,織糸によって節(ふし)糸織,壁糸織などがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いとおり【糸織】

絹織物の一種で,絹糸織の略。絹の練染糸(ねりぞめいと)を用いた平織で無地,縞,絣などがある。かつては男女の着尺,羽尺,下着などの衣服や夜具地に使われた。糸織は緯糸に鉄とタンニン剤を使って質の向上をはかる増量をするものが多く,したがってさびた光沢の,節のない織物である。練って織るので当然,糸に撚りがかかっている。経緯糸ともに片撚りのもの,諸撚りのもの,経糸に諸撚り,緯糸に片撚りのものなどで経緯糸ともに同じくらいの太さの糸使いが普通である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

いとおり【糸織】

練り糸で平織りにした絹織物。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

糸織
いとおり

絹糸を使用した練織物の略称。経緯(たてよこ)糸とも片撚(よ)りの練絹糸を使ったもので、平織にしたものを平糸織とも称した。組織、撚り方、原糸の違いにより、綾(あや)糸織、諸(もろ)糸織、壁糸織、節(ふし)糸織などがあり、縞(しま)、絣(かすり)または無地の着尺地(きじゃくじ)として使用される。練絹糸を使用しているので、織面は平滑で光沢に富んでいるのが特徴である。米沢(よねざわ)糸織(米沢織)がよく知られているが、京都では平お召(お召)とよんでいるものが、これに相当する。[角山幸洋]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

糸織の関連キーワード繋ぎ糸織り・繫ぎ糸織り・繋ぎ糸織・繫ぎ糸織茂木 惣兵衛(3代目)藩営マニュファクチュア絓糸織り・絓糸織玉糸織り・玉糸織伊藤忠商事[株]絓織り・絓織節織り・節織大浜 忠三郎壁織り・壁織玉織り・玉織大浜忠三郎五泉(市)繋ぎ糸織米沢織物新井淳一村山大島畠山義信滝 定助八王子織

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

糸織の関連情報