コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

粃糠疹 ヒコウシン

大辞林 第三版の解説

ひこうしん【粃糠疹】

ぬかのような鱗屑りんせつのできる皮膚の病変。アトピー性皮膚炎などで見られる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

粃糠疹
ひこうしん

(米糠(ぬか))様の細かい落屑(らくせつ)を特徴とする皮膚病の病名に用いられる。顔面単純性粃糠疹はその一例であるが、これは小児期ないし思春期に多く、貨幣2倍大くらいの類円形病変を生じ、自覚症状はない。単純な外用薬が有効である。[川村太郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

粃糠疹の関連キーワード体部白癬(斑状小水疱性白癬/たむし/ぜにたむし)おもな皮膚病変の俗名と学名頭部浅在性白癬(しらくも)皮膚のしくみとはたらき副腎皮質ホルモン剤紅皮症のおもな原因アトピー性皮膚炎遠山 郁三ヘーブラ顔面白癬角化症紅皮症ヘブラ皮膚病変乾癬脂漏

今日のキーワード

ヨリトフグ

硬骨魚綱フグ目フグ科に属する海水魚。本州中部以南の各地と世界中の温帯から熱帯域に分布する。フグ科魚類のなかでも分布範囲がもっとも広い種である。体は円滑で小棘(しょうきょく)はなく、体の腹面に多数のしわ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android