粃糠疹(読み)ひこうしん

百科事典マイペディア「粃糠疹」の解説

粃糠疹【ひこうしん】

皮膚角質が増して米ぬか様に落屑(らくせつ)する状態。顔面単純性粃糠疹はたけ),頭部粃糠疹ふけ)のほか,肘頭(ちゅうとう),膝蓋(しつがい)などに,毛孔に一致した丘疹が密生し,融合して特有の黄赤褐色を呈する毛孔性紅色粃糠疹などがある。ビタミンA軟膏や副腎皮質ホルモン剤で治療する。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)「粃糠疹」の解説

粃糠疹
ひこうしん

粃糠(米糠(ぬか))様の細かい落屑(らくせつ)を特徴とする皮膚病の病名に用いられる。顔面単純性粃糠疹はその一例であるが、これは小児期ないし思春期に多く、貨幣2倍大くらいの類円形病変を生じ、自覚症状はない。単純な外用薬が有効である。

[川村太郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「粃糠疹」の解説

ひこう‐しん ヒカウ‥【粃糠疹】

〘名〙 皮膚の表層の角質が増殖し、剥離(はくり)してきわめて細かい落屑を付着する状態。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android