コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

粃糠疹 ヒコウシン

4件 の用語解説(粃糠疹の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ひこう‐しん〔ヒカウ‐〕【×××疹】

皮膚の表層の角質が増殖して糠(ぬか)のようにはがれる症状。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

粃糠疹【ひこうしん】

皮膚に角質が増して米ぬか様に落屑(らくせつ)する状態。顔面単純性粃糠疹はたけ),頭部粃糠疹ふけ)のほか,肘頭(ちゅうとう),膝蓋(しつがい)などに,毛孔に一致した丘疹が密生し,融合して特有の黄赤褐色を呈する毛孔性紅色粃糠疹などがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

ひこうしん【粃糠疹】

ぬかのような鱗屑りんせつのできる皮膚の病変。アトピー性皮膚炎などで見られる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

粃糠疹
ひこうしん

粃糠(米糠(ぬか))様の細かい落屑(らくせつ)を特徴とする皮膚病の病名に用いられる。顔面単純性粃糠疹はその一例であるが、これは小児期ないし思春期に多く、貨幣2倍大くらいの類円形病変を生じ、自覚症状はない。単純な外用薬が有効である。[川村太郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

粃糠疹の関連キーワードふけ皮角落屑ヌカじぃヌカチューヌカチューファミリーヌカばぁヌカパパヌカピーヌカママ

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone