コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

粃糠疹 ヒコウシン

4件 の用語解説(粃糠疹の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ひこう‐しん〔ヒカウ‐〕【×××疹】

皮膚の表層の角質が増殖して糠(ぬか)のようにはがれる症状。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

粃糠疹【ひこうしん】

皮膚に角質が増して米ぬか様に落屑(らくせつ)する状態。顔面単純性粃糠疹はたけ),頭部粃糠疹ふけ)のほか,肘頭(ちゅうとう),膝蓋(しつがい)などに,毛孔に一致した丘疹が密生し,融合して特有の黄赤褐色を呈する毛孔性紅色粃糠疹などがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

ひこうしん【粃糠疹】

ぬかのような鱗屑りんせつのできる皮膚の病変。アトピー性皮膚炎などで見られる。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

粃糠疹
ひこうしん

粃糠(米糠(ぬか))様の細かい落屑(らくせつ)を特徴とする皮膚病の病名に用いられる。顔面単純性粃糠疹はその一例であるが、これは小児期ないし思春期に多く、貨幣2倍大くらいの類円形病変を生じ、自覚症状はない。単純な外用薬が有効である。[川村太郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone