コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

粢/糈 シトギ

デジタル大辞泉の解説

しとぎ【×粢/×糈】

水に浸した生米をつき砕いて、種々の形に固めた食物。神饌(しんせん)に用いるが、古代の米食法の一種といわれ、後世は、もち米を蒸して少しつき、卵形に丸めたものもいう。しとぎもち。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

粢【しとぎ】

神前に供える(もち)の一種。《和名類聚抄》にみえる。生米を水に浸し柔らかくし,つきつぶして作る。各種の形に固めるが多くは楕円形にする。地方により日常食ともされ,を入れた豆粢,ヒエで作ったヒエ粢などもある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しとぎ【粢】

生米を水にひたしてやわらかくし搗(つ)き砕いて作った食べ物。〈しろもち〉〈からこ〉〈おはたき〉〈なまこ〉などと地方によって呼称は違うが,粢は《和名抄》や《新撰字鏡》にも見えている古語である。《和名抄》に〈祭餅也〉とあるように,一般には神祭の供え物(神饌)の一種に用いられているが,東北地方では米粢のほかに粟粢,稗粢があり,日常の食べ物になっていた。粢は火を用いないで調理する点で古い食べ物と考えられ,現在の餅に先行するものではないかと推定されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

しとぎ【粢】

神前に供える、米の粉で作った餅。鶏卵を長めにしたような形のもの。鳥の子。粢餅。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

粢/糈の関連キーワード粢餅・粢餠イノシシ御魂祭り稲作文化鳥の子御殻粉豆撒き山の神神前鶏卵氏神祭粢供物恩給粢鍔食事

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android