コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

糸目 イトメ

デジタル大辞泉の解説

いと‐め【糸目】

細い糸。糸筋。
凧(たこ)の表面につけて揚がりぐあいを調節する糸。
器物に細く刻みつけた筋。「糸目模様」
物事をつなげるもの。脈絡。「話の糸目をつなぐ」
糸歩(いとぶ)」に同じ。
柳の枝。また、その芽立ち。
「青柳の―も見えず春ごとに春の錦を誰か織るらむ」〈躬恒集
江戸時代、甲州金の量目の呼称。1両の64分の1。
ゴカイ科の環形動物。浅海の泥中にすむ。体長20~30センチ。体の前部は緑褐色で、中央部は紅色。産卵期は10~12月で、生殖型の個体は、ばち・うきこ・日本パロロなどとよばれる。釣りの餌にする。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

とっさの日本語便利帳の解説

糸目

「金(かね)に糸目はつけない」という使い方もするが、本来は凧(たこ)の表面に付いている数本の糸の結び目のこと。凧の揚がり具合やバランスを調整する。微妙な結び目のポイントを探すのはなかなか難しい。

出典|(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について | 情報

大辞林 第三版の解説

いとめ【糸目】

糸筋。細い糸。
器物に刻みつけた細い線。
たこの釣り合いをとるために、表面につける数本の糸。
糸歩いとぶ 」に同じ。
江戸時代、甲州金の量目の呼称。一両の64分の1。
多毛綱の環形動物。ゴカイの一種。体は細長く20センチメートル 内外で、環節数が三〇〇近くある。河口近くの浅海や汽水湖の泥底にすむ。10~12月、生殖のため泳ぎ出し、これをバチと呼ぶ。釣り餌に使う。
染色で、模様の輪郭に置いた防染用の糊のりのあとにできる糸状の線。
柳の芽だち。 「青柳の-も見えず/躬恒集」
[句項目]

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の糸目の言及

【領国貨幣】より

…慶長期(1596‐1615)以後はそのうち松木家だけが金座の役職を命ぜられている。甲州金には一分金・二朱金・一朱金・朱中金(1朱の2分の1)の4種類があり,武田信玄時代の貨幣単位であった糸目(朱中の2分の1)・小糸目(糸目の2分の1)・小糸目中(小糸目の2分の1)は見られない。慶長期における幕府貨幣による幣制統一を反映したものと考えられる。…

※「糸目」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

糸目の関連情報