紗綾(読み)さや

日本大百科全書(ニッポニカ)「紗綾」の解説

紗綾
さや

「さあや」の約で、絹織物の一種。日本では近世から織られ、『工芸志料』によると、天正(てんしょう)年間(1573~92)京都で中国製に倣って織り出したという。組織は四枚綾(あや)からなり、菱垣(ひしがき)、稲妻、卍(まんじ)つなぎの文様を織り出した飛(とび)綾と、文様のない滑(なめ)紗綾とがある。綸子(りんず)とほとんど同じような糸使いであるが、地合いはこれより薄い。とくに織り出された卍つなぎの文様は紗綾形として、江戸時代には広く染織品に用いられた。

[角山幸洋]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「紗綾」の解説

さ‐や【紗綾】

〘名〙 絹織物の一種。平織地に四枚経綾で文様を織り出したもので、表面がなめらかで光沢があり、稲妻、菱垣(ひしがき)、卍(まんじ)などの模様を織り出したものが多い。中世末期ごろから江戸初期にかけて、多く用いられた。
※俳諧・大坂檀林桜千句(1678)第一〇「浅黄帽子おもひにみたす風の月〈素敬〉 稲妻ひかる紗綾の手覆〈反雪〉」

サアイ【紗綾】

〘名〙 (saai) 絹織物の一種。平地に四枚綾で卍(まんじ)・稲妻・菱垣などの模様を浮き織りにしたもの。サアヤ。さや。〔増補華夷通商考(1708)〕

サアヤ【紗綾】

〘名〙 (sáia) =サアイ(紗綾)和漢三才図会(1712)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の紗綾の言及

【紗綾形】より

…卍(まんじ)つなぎの一種で,卍をななめにつらねた連続模様。紗綾(さや)は4枚綾からなる地合の薄い絹織物。その地紋に用いられたのでこの名があるという。…

※「紗綾」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報