素意(読み)ソイ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

素意 そい

?-1094 平安時代中期-後期の歌人。
祐子内親王家紀伊の夫。「六条斎院歌合」などに参加。康平7年(1064)出家,延久3年大和(奈良県)多武峰(とうのみね)にうつり,永保3年和泉(いずみ)(大阪府)に寂静(じゃくじょう)寺をひらく。「多武峰往生院歌合」の判者をつとめ,「後拾遺和歌集」に7首,「千載和歌集」に1首がのっている。寛治(かんじ)8年2月29日死去。俗名は藤原重経。通称は紀伊入道。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android