コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紫雲寺(読み)しうんじ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

紫雲寺
しうんじ

新潟県北部,新発田市北部にある旧町域。日本海に面する。 1955年紫雲寺村と松塚村の一部が合体して町制。 2005年新発田市に編入。東部は江戸中期の紫雲寺潟干拓以後に開発された新田地帯で,米作中心地。砂丘では野菜,球根葉タバコを栽培する。天然ガス田の開発が進んでいる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

紫雲寺
しうんじ

新潟県北西部、北蒲原(きたかんばら)郡にあった旧町名(紫雲寺町(まち))。現在は新発田(しばた)市の北部の一地域を占める。日本海に面する。1955年(昭和30)紫雲寺村と松塚(まつづか)村の一部が合併して町制施行。2005年(平成17)紫雲寺町は新発田市に編入。日本海東北自動車道、国道113号が通じる。蒲原砂丘の浜集落と、1730年(享保15)に干拓された旧紫雲寺潟の新田村からなる蒲原穀倉地帯。砂丘地は第二次世界大戦後、本県の砂丘開発パイロット事業のモデル地区に指定され、野菜、葉タバコ、果樹などの園芸農が盛んである。さらに、1967年ごろから中条(なかじょう)・紫雲寺ガス田の開発に成功して、県下有数のガス井が砂丘上に並んでいる。砂丘表の藤塚浜は旧砂浜漁村であったが、いまは海水浴場としてにぎわっている。[山崎久雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

諂う/諛う

[動ワ五(ハ四)]人の気に入るように振る舞う。また、お世辞を言う。おもねる。追従(ついしょう)する。「上司に―・う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android