新発田市(読み)しばた

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

新発田〔市〕
しばた

新潟県北部,新潟平野の北部から飯豊山地の西部にある市。 1947年市制。 1955年五十公野村,川東村,菅谷村,松浦村,米倉村,赤谷村の6村,1959年佐々木村,2003年豊浦町を編入。 2005年紫雲寺町,加治川村を編入。中心市街地の新発田加治川の扇状地上にあり,慶長3 (1598) 年以来溝口氏 (→新発田藩 ) の城下町として,明治以後は軍都として発展。国の重要文化財である新発田城の表門と旧二の丸隅櫓,旧新発田藩足軽長屋,国の名勝である旧新発田藩下屋敷 (清水谷御殿) 庭園および五十公野御茶屋庭園などが城下町の面影を残す。 1912年に羽越本線の新津-新発田間が開通し,以後駅付近に工場が進出。 1964年に新産業都市新潟地区に入り,金属,化学,製糸,乳製品,酒造などの工場が進出。旧紫雲寺潟をはじめ周辺農村部では米作が行なわれ,果樹,野菜も栽培される。 1966~67年加治川の連続水害後,上流に内ノ倉ダムと,加治川ダムの両治水ダムが建設された。東部は胎内二王子県立自然公園磐梯朝日国立公園に属する。 JR羽越本線,白新線,国道7号線などが通る交通の要地。面積 533.1km2人口 9万8611(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

新発田市の関連情報