コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

細川頼元 ほそかわよりもと

4件 の用語解説(細川頼元の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

細川頼元
ほそかわよりもと

[生]興国4=康永2(1343)
[没]応永4(1397).5.7.
南北朝時代の武将。頼春の子。幼名,聡明丸。通称,三郎。兄頼之の養嗣となって細川家の惣領となった。北朝軍に投降した楠木正儀を援助したり,紀伊の南朝軍を討つなどの軍功をあげ,元中8=明徳2 (1391) 年管領に就任。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

細川頼元 ほそかわ-よりもと

1343-1397 南北朝-室町時代の武将。
康永2=興国4年生まれ。細川頼春(よりはる)の子。兄細川頼之(よりゆき)の養嗣子右京大夫(だいぶ)となり,以後細川家惣領が右京大夫の官途を踏襲。同家は京兆家(けいちょうけ)とよばれる。南朝方から幕府方に転じた楠木正儀(まさのり)を救援。応安6=文中2年ごろから摂津守護。明徳2=元中8年管領(かんれい)となり,明徳の乱を鎮定した功により,丹波守護などをかねた。応永4年5月7日死去。55歳。通称は三郎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

細川頼元

没年:応永4.5.7(1397.6.2)
生年:康永2/興国4(1343)
南北朝・室町時代の武将。幕府管領。初名頼基。頼春の子で兄頼之の養嗣子。細川宗家の当主が幼名を聡明丸と称し,右京大夫の官途を踏襲して京兆家と呼ばれるのは頼元に始まる。頼之の命で,南朝より帰順した楠木正儀を助けた。応安6/文中2(1373)年ごろより摂津守護を務め,紀伊へ発向するなど南朝軍と最前線で戦う。康暦の政変により頼之と共に四国での雌伏を余儀なくされるが,明徳2/元中8(1391)年には幕府管領となり,明徳の乱の鎮圧,南北朝の合体など室町幕府の安定を図った。しかしその存在は頼之を補佐し,細川家の遺産を次代に伝えるという黒子的存在であった。

(小林保夫)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

細川頼元
ほそかわよりもと
(1343―1397)

南北朝から室町前期の武将。幕府管領(かんれい)。細川頼春(よりはる)の四男で兄頼之(よりゆき)の養嗣子となる。初名頼基。右京大夫(うきょうだいぶ)に任官し、以後細川惣領家は代々この官途を世襲し、京兆家(けいちょうけ)と呼ばれる。頼元は管領頼之を補佐し、康暦(こうりゃく)の政変により頼之とともに四国に下ったが、1381年(永徳1)赦(ゆる)されて上洛、1391年(明徳2)頼之の後見の下で幕府管領となる。明徳(めいとく)の乱の鎮定に功をあげ、京兆家が摂津・丹波・讃岐・土佐守護を世襲する基を開いた。1393年管領を辞し、1397年(応永4)病没。[小川 信]
『小川信著『足利一門守護発展史の研究』(1980・吉川弘文館)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

細川頼元の関連キーワード高師冬北畠顕泰吉良俊氏五条頼治土岐頼忠長瀬泰貞二階堂政元波多野通郷遊佐国長頼勝

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone