コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

終始一貫 シュウシイッカン

デジタル大辞泉の解説

しゅうし‐いっかん〔‐イツクワン〕【終始一貫】

[名](スル)態度・状態などが、始めから終わりまでずっと変わらないこと。「終始一貫して主張を曲げない」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しゅうしいっかん【終始一貫】

( 名 ) スル
始めから終わりまで同じ主義や態度で通すこと。副詞的にも用いる。 「 -して反対し続ける」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

終始一貫の関連キーワードデミル(Cecil Blount De Mille)カペー(Lucien Capet)ピアノ(Renzo Piano)アリストファネス(喜劇詩人)M. クーブ・ド・ミュルビル柳田国男(やなぎたくにお)クーブ・ド・ミュルビルエミール ファーブルフロローフスキーラ・ロシュフコーパンクハースト幣原 喜重郎父母未生以前大アジア主義岐阜(県)クレメント田中 一松ウィンダム夜の寝覚加藤高明

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

終始一貫の関連情報