コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

徹する テッスル

デジタル大辞泉の解説

てっ・する【徹する】

[動サ変][文]てっ・す[サ変]
奥深くとおる。貫きとおる。「恨み骨髄に―・する」「眼光紙背に―・する」
考え方や態度を貫きとおす。その事にいちずに当たる。「家業に―・する」「裏方に―・する」
全部の時間を経過してある時点に至る。「を―・して語り合う」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

てっする【徹する】

( 動サ変 ) [文] サ変 てつ・す
つきとおる。 「骨身に-・する」
一つの主義・態度などを最後まで貫く。 「脇役に-・する」 「金もうけに-・する」
その時間を通して、する。 「夜を-・して歩く」
[慣用] 眼光紙背に-恨み骨髄に徹す

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

徹するの関連キーワードアルフォンソ・マルティネス・デ・トレードテレーズ・ド・リジューホモ・エコノミクス藤間勘十郎(6世)ジャック ルーシェV. ボロンツォフ恨み・怨み・憾みダンディズム早川 千吉郎法華三郎信房チームプレーロブ・グリエ原子力基本法骨髄に徹る人を立てるウェストン黒子・黒衣パロディークズネッツ心魂・神魂

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

徹するの関連情報