コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

経営多角化 けいえいたかくか diversification of management

2件 の用語解説(経営多角化の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

経営多角化
けいえいたかくか
diversification of management

企業の経営活動を多種多様な分野に広げること。本業と呼べるような一つの事業分野をもちつつ多少の多角化をしている本業中心型,本業といえるような事業はないけれども,多くの事業が技術や市場などで相互に関連している関連型,コングロマリットに代表されるような事業間の関連性に乏しい非関連型などに分類できる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

けいえいたかくか【経営多角化】

企業の経営戦略のうち,既存製品,既存市場に依存せず,新たな市場分野に進出することによって成長をはかろうとする戦略である。単に多角化ということもある。なお,いくつかの事業の経営を幅広く行う企業の行き方を多角経営という。アメリカの経営学者アンゾフH.I.Ansoffによれば,多角化戦略は次の四つに分かれる。(1)水平型多角化 現有の製品・市場分野と同種の製品・市場分野へ多角化するものである。たとえばオートバイメーカー自動車の生産・販売を行うケースで,企業の現有生産技術マーケティング能力が使えるので成功しやすい。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の経営多角化の言及

【経営・経営管理】より


[アメリカにおける多角化戦略]
 経営・管理のなかで経営戦略ないし戦略的決定が理論的にも実践的にも重視されるようになったのは1960年代以降であり,とりわけ70年代に入って盛んになった。それには,実践的レベルでは1920年代に始まり,50年代の技術革新を背景にして60年代にアメリカのビッグ・ビジネスの成長手段として一般化した多角化(経営多角化)による成長が,戦略的な意味合いを強くもっていたこと,研究レベルではチャンドラーA.D.ChandlerやアンゾフH.I.Ansoffが多角化を戦略的含意をもって評価したことが,大きな影響を与えている。 アメリカの大企業で多角化が企業成長の基本的戦略として,いつごろから意識的に認められたかは確かではない。…

【事業転換】より

…本法では四つの要因((1)貿易構造の変化による輸出の減少,輸入の増加,(2)技術革新等による需要の減退,(3)輸出国事情等による原材料の確保難,(4)公害・安全規制の強化)から相当数の中小企業において事業活動に支障を生ずる業種を全国的または地域を限って指定,この指定業種に属する中小企業の事業転換を,資金,税金,雇用対策,情報の収集や調査の面で,国や地方公共団体が支援するものである。 現在の事業は続けながら,企業の安定的な成長性を高めるために,他の事業を始めることは,一般に事業の〈多角化〉〈経営多角化〉といわれる。事業転換において従来の事業を廃止することなく続ける場合は,多角化と同じ内容になるが,多角化には現在の事業の不安定性や先細りを新規事業によって補完するという意味が強いのに対して,事業転換は企業の主たる事業を切り替えるという色彩が濃い。…

※「経営多角化」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

経営多角化の関連キーワード経営戦略論成長戦略市場浸透市場開発製品開発製品-市場拡大グリッド中途採用製品/市場マトリックス関連多角化5F(ファイブフォースモデル)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

経営多角化の関連情報