コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

経済学史 けいざいがくし history of economics

1件 の用語解説(経済学史の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

経済学史
けいざいがくし
history of economics

経済学の歴史,すなわちその理論や思想の発展過程を研究する学問。経済問題についての断片的思想や時事的な政策論は古代から存在するが,学問としての形成は西欧の近代国家形成期 (おおむね 16世紀中頃~18世紀中頃) に出現した重商主義からである。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の経済学史の言及

【経済学説史】より


【経済学説史研究の意義】
 経済学の歴史を研究する必要性を考える場合,まず経済学もその一分野である実証科学はどのように発展していくものかを考える必要がある。教科書的な説明をすれば次のようになろう。たびたびおこる,あるいはいくつもおこる事象を説明するために,われわれは最も重要であると考える要因だけを考慮に入れて,つまり何が重要であるかについての仮定を立てたうえで,現実を簡単化した理論モデルをつくる。ミクロ経済学の例をとると,消費者の効用,所得,いろいろな財の価格,消費者のいろいろな財の需要量などの間に成立するいくつかの方程式の体系は,消費者の行動を説明するための理論モデルである。…

※「経済学史」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

経済学史の関連キーワード行動経済学交通経済学ワルラス岩井克人出口勇蔵根岸隆菱山泉福岡正夫《経済学の理論》《理論経済学の本質と主要内容》

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

経済学史の関連情報