コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

経済産業研究所 ケイザイサンギョウケンキュウジョ

2件 の用語解説(経済産業研究所の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

けいざいさんぎょう‐けんきゅうじょ〔ケイザイサンゲフケンキウジヨ〕【経済産業研究所】

独立行政法人の一。内外の経済・産業事情、またそれらに関する政策を調査研究し、その成果を諸改革に役立てるのを目的とする機関。平成13年(2001)設立。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

経済産業研究所
けいざいさんぎょうけんきゅうじょ

経済・産業に関して幅広い研究活動を行う公共の政策シンク・タンク独立行政法人経済産業研究所法(平成11年法律第200号)に基づいて設立された経済産業省所管の独立行政法人で、所在地東京都千代田区霞が関の経済産業省別館にある。英語名はThe Research Institute of Economy, Trade and Industry、略称をRIETIとしている。前身は、1987年(昭和62)に設立された通商産業省(現、経済産業省)の通商産業研究所で、2001年(平成13)4月に独立行政法人経済産業研究所となった。
 経済産業研究所の目的は、「内外の経済及び産業に関する事情並びに経済産業政策に関する基礎的調査及び研究等を効率的かつ効果的に行うとともに、その成果を活用することにより、我が国の経済産業政策の立案に寄与する」(研究所法第3条)ことである。日本の経済社会が活力を保ち続けるには、斬新で能動的な政策立案が必要であり、そのためには行政機関からある程度独立性を保ち、政策当局とは違う発想で調査研究、政策提言を行う研究機関が必要とされ、その役割を担うために設立された。FTA(自由貿易協定)の戦略に関する研究、M&Aに関する実証的研究など、多くの研究成果があり、研究論文数も年々増加傾向で、2010年度には200件に及んでいる。また、経済産業研究所で改訂を重ねている日本産業生産性(JIP)データベースは、日本の経済成長と産業構造変化を分析するための基礎資料として活用されている。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

経済産業研究所の関連キーワード印刷局自動車検査独立行政法人地方独立行政法人法特定独立行政法人国立大学法人法案関連6法案独立行政法人化独立行政法人国立高等専門学校機構法案独立行政法人国立大学財務・経営センター法案独立行政法人大学評価・学位授与機構法案独立行政法人メディア教育開発センター法案

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

経済産業研究所の関連情報