(読み)へる

精選版 日本国語大辞典の解説

へる【綜】

〘他ハ下一〙 ふ 〘他ハ下二〙 経(たていと)を引きのばして機(はた)織り機にかける。織るために経をのばし整える。
※万葉(8C後)一六・三七九一「うちそやし 麻続(をみ)の子ら ありきぬの 宝の子らが 打つ栲は 経(へ)て織る布」

あぜ【綜】

〘名〙 機(はた)の、経(たていと)をまとめる用具。綜絖(そうこう)
※名語記(1275)六「布をるにあせといふ事ある歟。布をるあせはあざふの心歟。あざふは叉也」

へ【綜】

〘名〙 (動詞「へる(綜)」の連用形の名詞化) 機(はた)の経(たていと)を引きのばしてかけておくもの。綜絖。
※新撰字鏡(898‐901頃)「榺 綜也 支奴於留戸」

ふ【綜】

〘他ハ下二〙 ⇒へる(綜)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

あぜ【×綜】

機(はた)織り機で、縦糸順序を正しくし、また、縦糸を上下に分けて横糸を通すすきまをつくる用具綜絖(そうこう)。

そう【綜】[漢字項目]

人名用漢字] [音]ソウ) []すべる へ
全部を一つにまとめる。統轄する。「綜合
織機のおさ。へ。「錯綜
[補説]1は「」と通用
[名のり]おさ

ふ【×綜】

[動ハ下二]へ(綜)る」の文語形

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android