コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

綾南 りょうなん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

綾南
りょうなん

香川県中部,綾川町北部の旧町域。綾川中流域,高松平野西部にある。 1954年陶村,滝宮村,羽床村,昭和村の4村が合体して町制。 2006年綾上町と合体して綾川町となる。洪積台地が広く,灌漑用水源として北條池をはじめ,ため池が多い。農業が主で米,野菜,果樹を栽培し,畜産を行なう。中心集落の滝宮は琴平街道 (国道 32号線) が綾川を渡る地点で,菅原道真をまつる滝宮神社や,崇徳上皇 (崇徳天皇 ) の古歌で知られる滝宮公園がある。滝宮の念仏踊は国の重要無形民俗文化財。山麓には須恵器窯跡,古墳などが多い。住宅地化が進み,高松市への通勤者が増加した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

綾南
りょうなん

香川県中部、綾歌(あやうた)郡にあった旧町名(綾南町(ちょう))。現在は綾川(あやがわ)町の北部を占める一地区。1954年(昭和29)昭和、陶(すえ)、滝宮(たきのみや)、羽床(はゆか)の4村が合併して町制施行。2006年(平成18)綾上(あやかみ)町と合併、綾川町となる。高松琴平(ことひら)電鉄琴平線、国道32号、377号が通じる。町の南東部から北西部に流れる綾川に沿う低地と、起伏に富む小丘陵からなる町。典型的な溜池灌漑(ためいけかんがい)地域で、溜池の数も800に達する。1700年(元禄13)ころつくられた萱原(かやはら)用水はこの地の発展の礎(いしずえ)となった。かつては水田地帯であったが、近年、高松市のベッドタウン化が進んでいる。現在では、米、麦中心の農業から、都市近郊農業としての施設園芸、果樹、野菜栽培のほか、ブタ、ニワトリ、肉用牛の飼養も取り入れた複合経営が行われ、供給地としての役割を果たすようになっている。とくに富有柿の特産地として有名。滝宮天満宮は国司であった菅原道真(すがわらのみちざね)を祀(まつ)り、雨乞(あまご)い祈願にちなむ滝宮の念仏踊(国の重要無形民俗文化財)がある。[新見 治]
『『綾南町史』(1978・綾南町) ▽『綾南町誌』(1998・綾南町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

綾南の関連キーワード香川県綾歌郡綾川町綾川(宮崎県)宮崎県小林市福家 惣衛小林(市)香川(県)宮武 外骨須木[村]綾川(町)綾川[町]綾(町)香南楽湯綾川ダム綾[町]軍谷峠綾北川綾南川須木綾町

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

綾南の関連情報