綾上(読み)あやかみ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

綾上
あやかみ

香川県中部,綾川町南部の旧町域。讃岐山脈北斜面と洪積台地に広がり,綾川上流域を占める。 1954年山田村,羽床上村,西分村,枌所村の4村が合体して綾上村となり,1962年町制。 2006年綾南町と合体して綾川町となる。綾川上流には灌漑用の長柄ダム,景勝地の柏原渓谷がある。アカマツアラカシの林が多く,オオウラギンヒョウモンなど希少昆虫の生息地となっている。低地を中心に米作などが行なわれ,中心集落の山田上に清酒,仏具の工場がある。高鉢山 (512m) にはキャンプ場がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

綾上
あやかみ

香川県中部、綾歌郡(あやうたぐん)にあった旧町名(綾上町(ちょう))。現在は綾川町(あやがわちょう)の中央から南部を占める一地区。1954年(昭和29)山田、羽床上(はゆかかみ)、枌所(そぎしょ)、西分(にしぶん)の4村が合併して綾上村となり、1962年町制施行。綾川の上流に位置するところから綾上とした。2006年(平成18)綾南町(りょうなんちょう)と合併、綾川町となる。高松市からバスの便がある。国道377号が通じる。山間地で、綾川の削った柏原(かしはら)渓谷、富士山型の高鉢(たかはち)山などの景観に恵まれ、キャンプ場などがある。農業が中心産業で、米、麦のほか、タバコ、キュウリ、カキなど山麓(さんろく)での畑作物がある。養鶏、養豚の畜産業にも力を入れている。最近、もち麦を使った特産品の開発に力を入れている。[稲田道彦]
『『綾上町誌』(1978・綾上町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

山鉾

神社の祭礼に引かれる山車の一つ。車の台の上に家や山などのつくりものをして,その上に鉾やなぎなたなどを立てたもの。平安時代の大嘗祭に悠紀(ゆき),主基(すき)の両国から出された標山(しるしのやま)に始ま...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

綾上の関連情報