コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

線香代 センコウダイ

デジタル大辞泉の解説

せんこう‐だい〔センカウ‐〕【線香代】

線香の代金。香料。香典。
《昔、揚げ代を計算するのに線香をとぼして時間を計ったところから》芸者娼妓(しょうぎ)の揚げ代。玉代(ぎょくだい)。花代

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

せんこうだい【線香代】

霊前に供える金銭。香典。
芸者・娼妓の揚げ代。線香一本の燃えつきる時間を単位として計算したことからいう。玉代ぎよくだい。花代。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

線香代
せんこうだい

芸者(げいしゃ)の揚げ代の別称。花代、玉(ぎょく)代に同じ。芸者は時間売りをしたので、接客の時間を計る単位に1本の線香が燃えきる時間を用いたのが起源である。のちに広く揚げ代の別称として娼妓(しょうぎ)にも用い、また時計が普及したのちも俗称として残り、現在も単価を1本何円、1時間何本と規定した例が多い。しかし1本当りの時間は6分から1時間までの差があり、時間帯によって倍線香などの割増し料もあって、その算定は複雑である。[原島陽一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

線香代の関連キーワード香典霊前

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

線香代の関連情報