コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

織部陶 おりべとう

百科事典マイペディアの解説

織部陶【おりべとう】

古田織部好みの意匠によるといわれる陶器。織部焼とも。器種は茶碗,手鉢,向付(むこうづけ)など広く生活用具に及び,緑と鉄をあしらい,デフォルメされた斬新(ざんしん)なデザインの作品が多い。
→関連項目北大路魯山人香合瀬戸焼鉄絵緑釉

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おりべとう【織部陶】

桃山時代後半から江戸初期にかけて,岐阜県東濃西部地域において焼かれた陶器の一種。織部焼ともいう。千利休亡き後,豊臣秀吉茶頭をつとめた大名茶人古田織部正重然の好みの茶陶を焼造したことにその名の由来がある。その始まりは慶長(1596‐1615)初年,加藤筑後守景延が唐津から導入した連房式登窯(元屋敷窯)に求められる。織部陶は色釉,文様,形状,産地によって次のように分けられる。志野織部,黒織部,青織部,総織部,絵織部,鳴海織部,赤織部,伊賀織部,唐津織部などである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

織部陶の関連キーワード矢羽根文加藤景延美濃焼

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android