コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

織部陶 おりべとう

2件 の用語解説(織部陶の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

織部陶【おりべとう】

古田織部好みの意匠によるといわれる陶器。織部焼とも。器種は茶碗,手鉢,向付(むこうづけ)など広く生活用具に及び,緑と鉄をあしらい,デフォルメされた斬新(ざんしん)なデザインの作品が多い。
→関連項目北大路魯山人香合瀬戸焼鉄絵緑釉

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

おりべとう【織部陶】

桃山時代後半から江戸初期にかけて,岐阜県東濃西部地域において焼かれた陶器の一種。織部焼ともいう。千利休亡き後豊臣秀吉の茶頭をつとめた大名茶人古田織部正重然の好みの茶陶を焼造したことにその名の由来がある。その始まりは慶長(1596‐1615)初年,加藤筑後守景延が唐津から導入した連房式登窯(元屋敷窯)に求められる。織部陶は色釉,文様,形状,産地によって次のように分けられる。志野織部,黒織部,青織部,総織部,絵織部,鳴海織部,赤織部,伊賀織部,唐津織部などである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

織部陶の関連キーワード安宅船十人組長谷川派鐚銭天川薩摩版朝鮮唐津ていと伯庵道具衆

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone