コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

辻が花 ツジガハナ

デジタル大辞泉の解説

つじ‐が‐はな【×辻が花】

模様染めの名。室町中期から桃山時代にかけて盛行帷子(かたびら)(麻布の単(ひとえ)の着物)に紅を基調にして草花文様を染め出したもの。絞り染めに、描絵・摺(す)り箔・刺繍(ししゅう)をほどこしたものを今日では俗に辻が花とよんでいるが、技法は明らかでない。辻が花染め

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

辻が花【つじがはな】

模様染の一種。絞染を主にして描き染や摺箔(すりはく)を加えて花鳥などを構成する優雅な模様。室町時代から始まり,特に桃山時代に流行したもので,すぐれた当時の小袖(こそで)や胴服が残されている。
→関連項目久保田一竹染物

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

つじがはな【辻が花】

絞染を基調とする模様染。15世紀前半に成立した《三十二番職人歌合》の桂女の歌に初めてその名が現れ,当時庶民の布(麻,葛)小袖に染められた模様染であった。その後,室町幕府の故実書によると,武家の女性や子,若衆は用いてもよいが,成人男子は紅入らずのものならば犬追物装束には用いてもよいとあり,庶民から武家の所用へと広がっている。ついで1596年(慶長1)豊臣秀吉が明国の使者へ辻が花帷子(かたびら)を贈っており,《日葡辞書》(1603)に日常語として収録されている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

つじがはな【辻が花】

室町時代から桃山時代にかけて行われた模様染め。絞り染めに彩色の描絵を加え、さらに摺り箔はくや刺繡ししゆうを施した。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の辻が花の言及

【染色】より

…またこの刺繡に金銀の摺箔を併用した繡箔(ぬいはく)は,桃山染織の絢爛豪華さの象徴といえる。 一方,その独特の瀟洒(しようしや)な美しさをもって当代を風靡(ふうび)したのが,絞染の一法である辻が花染であった。辻が花染は今日遺品のうえで考えられるかぎり,およそ室町時代の中ごろにその素朴な姿を現し,わずかな間に非常に精緻なものに発達して,当代の染色に大きな足跡を残しながら,江戸時代初期には卒然としてその姿を消してしまう。…

【室町時代美術】より

…上杉神社に伝わる伝上杉謙信・景勝所用の鎧下着や陣羽織,胴服などの斬新な意匠は,そのことを示す貴重な遺品である。多色の練染に墨や朱の描絵を加えたいわゆる辻が花染も,室町末に流行した。1566年(永禄9)岐阜県郡上郡白山神社に奉納された〈白地花鳥肩裾模様辻が花染小袖〉(小袖)が,当時の辻が花の清楚な美しさを伝えている。…

※「辻が花」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

辻が花の関連キーワード神奈川県川崎市川崎区大師本町安土桃山時代久保田 一竹京鹿の子絞慶長小袖矢羽根文辻が花染松皮菱和服紅型練貫絵羽彩色纐纈染色友禅

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

辻が花の関連情報