(読み)くる

精選版 日本国語大辞典「繰」の解説

く・る【繰】

〘他ラ五(四)〙
① 糸など、ひも状のものを物に巻きつけて少しずつ引き出す。また、それを巻きつける。たぐる。
万葉(8C後)七・一三四六「をみなへし咲き沢の辺の真葛原いつかも(くり)て我が衣(きぬ)に着む」
※神楽歌(9C後)早歌「〈本〉深山の小葛(こつづら)〈末〉久礼(クレ)久礼(クレ)小葛」
② 綿繰り車にかけて木綿(きわた)の種を取り去る。
※浮世草子・好色二代男(1684)一「世をわたる業とて、木綿(きはた)をくり習ひ」
③ 順々に送りやる。また、つまぐる。〔日葡辞書(1603‐04)〕
謡曲で上音からクリ節(ぶし)高音にうたう。
※申楽談儀(1430)曲舞の音曲「ただ甲の物一つにてやがてくるは悪(わろ)き也」
浄瑠璃節の節章用語の一つ。ある音程から一段上の音程へ上げて語る。高潮場面に用いる。
⑥ 順々に数えてゆく。
⑦ 書籍などのページをめくる。また、めくって必要なことがらを探し出す。
※一言芳談(1297‐1350頃)上「如形(かたのごとく)往生要集の文字よみ〈念仏往生のたのもしき様など、時々はくり見るべき也」
浮雲(1887‐89)〈二葉亭四迷〉一「筆を啣へて忙し気に帳簿を繰るもの」
演劇で、俳優が頭の中で台詞(せりふ)順序をつけ、その順に述べてゆく。

くり【繰】

〘名〙 (動詞「くる(繰)」の連用形の名詞化)
① 糸などを巻きながらたぐること。
② かんぐること。察し。
※虎明本狂言・花子(室町末‐近世初)「女と云ものは、くりのふかいもので」
③ (クリ) 曲の節の一つ。通常の上音より弱吟(よわぎん)では二音階、強吟(つよぎん)では一音階くり上げて、最高調でうたうもの。上掛(かみがかり)では「クリ」、下掛(しもがかり)では「シヲリ」という。繰節(くりぶし・くるふし)
④ (クリ) 謡曲の特定の一節(いっせつ)の名。上掛(かみがかり)でクリ、下掛(しもがかり)では序という。拍子に合わない謡で、上音を基調として下音のユリ節で終わり、その間に必ずくり節を含むのが特徴。多くは四、五句からなり、通常クリ、サシ、クセと連続する。また、内容はクセの序章にあたり、漢詩文や仏典(また、それにならった文)の一節をとることが多く、「そもそも」「それ」「しかるに」などの語で始まる。本クリと半クリの二種があり、前者は同吟で、後者は一人(ツレまたはシテ)でうたう。
※金島書(1436)海路「ばんりのはたうにおもむくも〈下クリ〉ただ一はんの道とかや」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android