コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

丸帯 まるおび

5件 の用語解説(丸帯の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

丸帯
まるおび

幅の広い女帯。正装用の帯で,振袖留袖訪問着に用いられる。生地幅 60~70cmのものを2つ折りにし,帯芯を入れて縫合せてつくる。仕立て上がりの帯幅はさまざまであるが,31cm前後が多く,長さは 4mぐらい。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

まる‐おび【丸帯】

礼装用の女帯。広幅の帯地を二つ折りにして芯(しん)を入れ、縫い合わせたもの。広帯。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

丸帯【まるおび】

礼装用の女帯の一種。丈は約4m。幅約68cmの広幅の帯地を二つ折りにして仕立てる。綴織(つづれおり),唐織,糸錦,繻珍(しゅちん),博多,紗(しゃ)などを用いる。
→関連項目

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

まるおび【丸帯】

広幅の帯地を二つ折りにして仕立てた女帯。礼装用。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

丸帯
まるおび

女帯の一種。広幅の帯地を幅二つ折りにして仕立てた、女子の礼装用の帯。帯地の幅は68センチメートル、丈は4~4.2メートル。これを二つに折り、芯(しん)を入れて32センチメートル幅に仕立てる。帯地は唐織(からおり)、厚板(あついた)、金襴(きんらん)、繻珍(しゅちん)、綴錦(つづれにしき)、糸錦、緞子(どんす)などの織物、模様は全体に織り出された全通しとする。羽二重(はぶたえ)、縮緬(ちりめん)などの後染めのものや刺しゅうをしたものは、丸帯仕立てであっても正装用には用いられない。丸帯の呼び名は江戸時代に、表裏異なった布地を縫い合わせた腹合(はらあわせ)帯に対して名づけられたもので、以前は絎(く)け帯と称していた。現在、花嫁衣装や江戸褄(えどづま)などに用いられるが、帯地が厚く重いので帯芯(しん)を薄手のものにしたり、または入れないで仕立てる。しかし、重い帯から軽い帯への世相とともに、正装に袋帯がかわって用いられる傾向にある。[藤本やす]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の丸帯の言及

【帯】より

… 帯には帯取池などの伝説や俗信も多く,帯で人をたたくと蛇になるとか,帯で作った着物を着ると寿命が縮むといわれ,夜に帯を贈ったりまたいだりすることも嫌われる。【飯島 吉晴】
【現代の帯の種類】

【女物】
丸帯長さ4m,幅68cmの生地に芯を入れて約31cm幅に二つ折り仕上げをする。唐織,糸錦,金襴,銀襴,博多織,絽など。…

※「丸帯」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

丸帯の関連キーワード留袖広幅大幅大振袖女帯ダブルベッド中振袖広物色留袖黒留袖

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

丸帯の関連情報