コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

丸帯 まるおび

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

丸帯
まるおび

幅の広い女帯。正装用ので,振袖留袖訪問着に用いられる。生地幅 60~70cmのものを2つ折りにし,帯芯を入れて縫合せてつくる。仕立て上がりの帯幅はさまざまであるが,31cm前後が多く,長さは 4mぐらい。生地は糸錦,緞子金襴などが多く,繻珍 (しゅちん) や塩瀬のものもある。両面全部に柄があって,どんな結び方もできる。昔は広帯ともいわれ,合せ帯 (表地と裏地に別生地を使って縫合せたもの,昼夜帯ともいう) に対するもので,現在使っている帯のなかでは最も歴史が古い。最近は手軽な袋帯が普及しており,丸帯は婚礼など特別なとき以外はあまり用いられない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

まる‐おび【丸帯】

礼装用の女帯。広幅帯地二つ折りにして芯(しん)を入れ、縫い合わせたもの。広帯。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

丸帯【まるおび】

礼装用の女帯の一種。丈は約4m。幅約68cmの広幅の帯地を二つ折りにして仕立てる。綴織(つづれおり),唐織,糸錦,繻珍(しゅちん),博多,紗(しゃ)などを用いる。
→関連項目

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

まるおび【丸帯】

広幅の帯地を二つ折りにして仕立てた女帯。礼装用。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

丸帯
まるおび

女帯の一種。広幅の帯地を幅二つ折りにして仕立てた、女子の礼装用の帯。帯地の幅は68センチメートル、丈は4~4.2メートル。これを二つに折り、芯(しん)を入れて32センチメートル幅に仕立てる。帯地は唐織(からおり)、厚板(あついた)、金襴(きんらん)、繻珍(しゅちん)、綴錦(つづれにしき)、糸錦、緞子(どんす)などの織物、模様は全体に織り出された全通しとする。羽二重(はぶたえ)、縮緬(ちりめん)などの後染めのものや刺しゅうをしたものは、丸帯仕立てであっても正装用には用いられない。丸帯の呼び名は江戸時代に、表裏異なった布地を縫い合わせた腹合(はらあわせ)帯に対して名づけられたもので、以前は絎(く)け帯と称していた。現在、花嫁衣装や江戸褄(えどづま)などに用いられるが、帯地が厚く重いので帯芯(しん)を薄手のものにしたり、または入れないで仕立てる。しかし、重い帯から軽い帯への世相とともに、正装に袋帯がかわって用いられる傾向にある。[藤本やす]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の丸帯の言及

【帯】より

… 帯には帯取池などの伝説や俗信も多く,帯で人をたたくと蛇になるとか,帯で作った着物を着ると寿命が縮むといわれ,夜に帯を贈ったりまたいだりすることも嫌われる。【飯島 吉晴】
【現代の帯の種類】

【女物】
丸帯長さ4m,幅68cmの生地に芯を入れて約31cm幅に二つ折り仕上げをする。唐織,糸錦,金襴,銀襴,博多織,絽など。…

※「丸帯」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

丸帯の関連キーワード丙辰丸盟約化粧まわし岩間金平木戸孝允江戸褄和服

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android