美瑛川(読み)びえいがわ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

美瑛川
びえいがわ

北海道中央部,上川盆地の南部を流れる石狩川の支流。全長 68km。大雪山系の十勝岳の北側斜面に源を発し,忠別川と合流して石狩川に注ぐ。沿岸流域の低地には水田が開け,上川盆地南部の穀倉地帯。台地上は畑や牧野に利用されている。上流域に白金温泉があり,大雪山国立公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

びえいがわ【美瑛川】

北海道中央部の上川盆地南部を流れる川。幹川流路延長68km,流域面積713km2。十勝岳連峰オプタテシケ山に源を発して北西に流れ,広大な山麓丘陵地に幅の広い谷をつくる。美瑛町市街地付近で丘陵地と幌内山地との間の狭い谷を複雑な流路をたどって流れ,この間にいくつかの河川を合わせる。西神楽周辺に広い沖積地をつくり,旭川市西端の神居(かむい)市街地で忠別川に流入し,すぐ石狩川に合流する。流域の沖積地には広く水田が開けている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android