コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

美野里[町] みのり

百科事典マイペディアの解説

美野里[町]【みのり】

茨城県中部,東茨城郡の旧町。畑作を主とする農村地帯で,酪農も盛ん。ナシ,クリ,メロン,ニラ,イチゴを産する。中部に国道6号線,西端常磐線が通じる。住宅地化も進む。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

みのり【美野里[町]】

茨城県中央部,東茨城郡の町。人口2万3828(1995)。東茨城台地に位置し,南西部に園部川,北部に巴川が流れる。JR常磐線と国道6号線が通じる。堅倉(かたくら),竹原は江戸時代,水戸街道の宿駅として栄えた。また堅倉は昭和初期に県内でいち早く集団的酪農が行われたところで,現在も酪農,養豚など畜産が盛ん。加工用トマトなどの野菜やラッカセイ,栗などの栽培も行われる。1960年代後半以降,工場進出が始まり,常磐線羽島駅周辺や国道沿いで食品工場のほか,ゴムやプリント製品などの工場が操業している。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android