コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

義務について ぎむについてDe officiis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

義務について
ぎむについて
De officiis

ローマのキケロの哲学書。3巻。前 44年の作。息子マルクスにあてた手紙の形式をとって,第1巻では基本的な四徳 (知恵,正義,勇気,節度) とそれらから発する義務について論じ,続く2巻ではそれらを実際の人生にあてはめて,ギリシア・ローマの歴史から無数の実例をひいて説明。キケロの教訓はきわめて実際的で,人間の社会的性格と,同胞への博愛と,公的活動の必要を強調する。西ヨーロッパの「紳士」の概念は本書に発するとされる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ぎむについて【義務について De officiis】

ローマの弁論家,政治家,哲学者キケロの倫理に関する最後の著作(前44)。ストア哲学,なかんずくパナイティオスの教えに基づいて一般道徳を説いており,息子マルクスの教育のために書かれた。本書は《大カトー・老年について》などと並んで中世を通じて広く読まれた。なお,キケロの政治家,弁論家としての著作が再発見されたのは,ルネサンスになってからのことである。【平田 真】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

義務についての関連キーワード中華人民共和国憲法フロン排出抑制法併合[国際法]個人情報保護法ビノクーロフ行政代執行法マッツィーニ文書提出義務使徒カノン教育基本法特別使節団教科書裁判世代間倫理株式会社扶養義務国際結婚労働災害ストア派間接強制事務管理

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

義務についての関連情報