コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

義務について ぎむについてDe officiis

2件 の用語解説(義務についての意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

義務について
ぎむについて
De officiis

ローマのキケロの哲学書。3巻。前 44年の作。息子マルクスにあてた手紙の形式をとって,第1巻では基本的な四徳 (知恵,正義,勇気,節度) とそれらから発する義務について論じ,続く2巻ではそれらを実際の人生にあてはめて,ギリシアローマの歴史から無数の実例をひいて説明。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ぎむについて【義務について De officiis】

ローマの弁論家,政治家,哲学者キケロの倫理に関する最後の著作(前44)。ストア哲学,なかんずくパナイティオスの教えに基づいて一般道徳を説いており,息子マルクスの教育のために書かれた。本書は《大カトー老年について》などと並んで中世を通じて広く読まれた。なお,キケロの政治家,弁論家としての著作が再発見されたのは,ルネサンスになってからのことである。【平田 真】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

義務についての関連情報