義務について(読み)ぎむについて(英語表記)De officiis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

義務について
ぎむについて
De officiis

ローマのキケロ哲学書。3巻。前 44年の作。息子マルクスにあてた手紙の形式をとって,第1巻では基本的な四徳 (知恵,正義,勇気,節度) とそれらから発する義務について論じ,続く2巻ではそれらを実際の人生にあてはめて,ギリシア・ローマの歴史から無数の実例をひいて説明。キケロの教訓はきわめて実際的で,人間の社会的性格と,同胞への博愛と,公的活動の必要を強調する。西ヨーロッパの「紳士」の概念は本書に発するとされる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ぎむについて【義務について De officiis】

ローマの弁論家,政治家,哲学者キケロの倫理に関する最後の著作(前44)。ストア哲学,なかんずくパナイティオスの教えに基づいて一般道徳を説いており,息子マルクスの教育のために書かれた。本書は《大カトー・老年について》などと並んで中世を通じて広く読まれた。なお,キケロの政治家,弁論家としての著作が再発見されたのは,ルネサンスになってからのことである。【平田 真】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

義務についての関連情報