コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

義山(読み)ギザン

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

義山 ぎざん

1647-1717 江戸時代前期-中期の僧。
正保(しょうほ)4年生まれ。京都の人。江戸増上寺で浄土宗学をおさめ,下野(しもつけ)(栃木県)円通寺の聞証(もんしょう)に師事。天和(てんな)3年京都にかえり,知恩院入信院で法然の伝記の注釈「円光大師行状画図(えず)翼賛」を編修し,宗典の研究につとめた。享保(きょうほう)2年11月13日死去。71歳。字(あざな)は良照。号は禅蓮社信阿円観。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぎざん【義山】

1648~1717) 江戸前・中期の浄土宗の僧。京都の人。字あざなは良照、号は信阿。円智とともに「円光大師行状画図翼賛」(六〇巻)を著す。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

義山の関連情報