コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

羽倉外記 はぐらげき

百科事典マイペディアの解説

羽倉外記【はぐらげき】

江戸末期の儒者。名は用九,簡堂(かんどう),天則などと号す。若くして古賀精里に学び,また江川太郎左衛門広瀬淡窓とも交わる。父は旗本で代官を勤めたが,その死後を継ぎ,関東・東海地方の代官を歴任,伊豆諸島を巡察した。
→関連項目尚歯会

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

はぐらげき【羽倉外記】

1790‐1862(寛政2‐文久2)
江戸後期の幕臣。名は用九。簡堂,天則,可也などと号し,外記は通称。大坂で生まれ,古賀精里の門人となって儒学を学び,尚歯会メンバーとして渡辺崋山らの洋学者と交流する。父秘救の跡を継ぎ,関東,東海の代官を歴任し,天保改革期に登用されて,1842年(天保13)には納戸頭,勘定吟味役にのぼる。この間,1838年にはイギリスによる小笠原諸島占領のうわさにより,幕命をうけて伊豆諸島,小笠原諸島方面の巡視に赴く。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の羽倉外記の言及

【イノシシ(猪)】より

…山鯨というのは,魚とされていた鯨に擬した獣肉の総称であるが,そうした店の主力商品は猪だった。ネギをいれてなべ煮するのが一般的な食べ方だったが,羽倉外記(簡堂)はその著《饌書(せんしよ)》(1844)の中で,東坡煮(とうばに)にするのがもっともよいと述べている。東坡煮は東坡肉(トンポーロウ)ともいい,蘇東坡が好んだという角煮である。…

※「羽倉外記」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報