コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

羽倉外記 はぐらげき

3件 の用語解説(羽倉外記の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

羽倉外記【はぐらげき】

江戸末期の儒者。名は用九,簡堂(かんどう),天則などと号す。若くして古賀精里に学び,また江川太郎左衛門広瀬淡窓とも交わる。父は旗本で代官を勤めたが,その死後を継ぎ,関東・東海地方の代官を歴任,伊豆諸島を巡察した。
→関連項目尚歯会

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

羽倉外記 はぐら-げき

羽倉簡堂(はぐら-かんどう)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

はぐらげき【羽倉外記】

1790‐1862(寛政2‐文久2)
江戸後期の幕臣。名は用九。簡堂,天則,可也などと号し,外記は通称。大坂で生まれ,古賀精里の門人となって儒学を学び,尚歯会メンバーとして渡辺崋山らの洋学者と交流する。父秘救の跡を継ぎ,関東,東海の代官を歴任し,天保改革期に登用されて,1842年(天保13)には納戸頭,勘定吟味役にのぼる。この間,1838年にはイギリスによる小笠原諸島占領のうわさにより,幕命をうけて伊豆諸島,小笠原諸島方面の巡視に赴く。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の羽倉外記の言及

【イノシシ(猪)】より

…山鯨というのは,魚とされていた鯨に擬した獣肉の総称であるが,そうした店の主力商品は猪だった。ネギをいれてなべ煮するのが一般的な食べ方だったが,羽倉外記(簡堂)はその著《饌書(せんしよ)》(1844)の中で,東坡煮(とうばに)にするのがもっともよいと述べている。東坡煮は東坡肉(トンポーロウ)ともいい,蘇東坡が好んだという角煮である。…

※「羽倉外記」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

羽倉外記の関連キーワード伏原宣明仏仙西大路隆枝入江相永釈韜光文久植松是勝小林瓦斎宗七(2代)長山孔直

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone