コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

羿(読み)ゲイ

世界大百科事典 第2版の解説

げい【羿 Yì】

中国の神話にみえる系の英雄神。また夷羿,有窮の后(きみ)羿ともいう。《楚辞》天問に〈帝,夷羿を降し,孽(わざわい)を夏民に革(あらた)む。なんぞかの河伯を射て,かの雒(らく)(洛)嬪(ひん)を妻とする〉と歌われ,男神河伯を殺してその女神を奪ったという。《左氏伝》に,夏(か)に代わって人民を支配したが,遊猟を好んで滅んだ話,また《淮南子(えなんじ)》に,十日並び出たとき九日を射(う)ちおとし,干害を救った弓の名手とされる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

げい【羿】

中国の古伝説上の弓の名人。尭ぎようの時代、太陽が一〇個も昇り、暑くて人々が苦しんだとき、命を受けて九つの太陽を射落としたとされる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


げい

中国古代神話伝説中の弓の名人。『左伝(さでん)』によると、夏(か)王から支配権を奪って有窮国(ゆうきゅうこく)(現在の山東(さんとう/シャントン)省地方)に君臨したは、狩猟にひたって悪政を敷いたため家臣に殺される。しかし『淮南子(えなんじ)』によれば、堯帝(ぎょうてい)のとき、10個の太陽が同時に出たために地上が炎熱の世界となったので、堯帝の命を受けたはそのうちの9個を射落としたという。また『山海経(せんがいきょう)』によれば、は天帝の命令によって怪物を退治するなど、民衆の苦しみを救ったという。元来東方民族の英雄神であったものが、後の中原(ちゅうげん)の神話のなかで巧みな弓をおごって狩猟にひたった悪徳君主に姿を変えたものであろう。ほかに、仙女西王母(せいおうぼ)から与えられた不死の薬を妻の恒娥(こうが)に盗まれたという別の伝承もあり、神話の体系化は困難である。[伊藤清司]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の羿の言及

【太陽】より

…神が真ん中の太陽を隠してしまったので,射手は約束どおりモルモットに変身した。古代中国の羿(げい)も射日英雄である。太陽が隠れてしまったため,人々がこれを引き出して秩序を回復した神話は,アッサムから中国南部,さらに北アメリカ西部に広く分布しており,日本の天の岩屋戸神話もその一つである。…

【中国神話】より

…殷の祖神王亥(おうがい)は,北方の有易(ゆうえき)(有狄(ゆうてき))に身を寄せて殺され,その子上甲微が河伯の力を借りてこれを滅ぼした。この方面には,軍神とされる蚩尤(しゆう)の説話も伝えられ,また夏と抗争した羿(げい)の話もある。この羿は,殷の十日説話とかかわりをもっている。…

※「羿」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android