コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

老人性色素斑 ロウジンセイシキソハン

家庭医学館の解説

ろうじんせいしきそはん【老人性色素斑 Senile Pigment Freckle】

[どんな病気か]
 中年以降に、顔や手背(しゅはい)(手の甲(こう))、腕の外側や背中など日光によくあたる部位にできる、ほぼ円形のしみです。大きさはさまざまで、境界は明瞭(めいりょう)です。小さなものはそばかすのように顔にたくさんでき、大きなものは直径数cmで、顔や頭に少数できます。
 これらのうち、一部が盛り上がって老人性疣贅(ろうじんせいゆうぜい)(「老人性疣贅(脂漏性角化症)」)に移行するもの、周囲に白斑(はくはん)をともなうものがあります。
[治療]
 皮膚の老化現象ですが、日光の影響が大いにあります。老人性色素斑は悪性化することはなく、電気凝固法(でんきぎょうこほう)、液体窒素(えきたいちっそ)による凍結療法、レーザー治療などで色をとることができます。
 しかし、皮膚がんの初期である日光角化症(にっこうかくかしょう)やメラノーマになる悪性黒子(あくせいこくし)とよく似ているため、診断の確定には専門医による組織検査が必要です。
 治療は、診断を確定してから行ないます。
[予防]
 予防は、若いころから、できるだけ皮膚を日光にさらさないようにすることです。これは皮膚がんの予防にもなりますから、ぜひ実行しましょう。

出典|小学館家庭医学館について | 情報

老人性色素斑の関連キーワード老化にともなう皮膚の病気と症状皮膚のしくみとはたらきシミ・いぼ・白斑雪状炭酸圧抵法ソバカス色素沈着シミ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

老人性色素斑の関連情報